スポンサーリンク

バックパックで徒歩ソロキャンプ・準備編

先週末、電車を使って1泊キャンプしてきました。

今回は、荷物に焦点を当てた準備編となります。

最初に断っておきますと、徒歩だからといってUL装備ではありません。

軽量化に悩んでこの記事にたどり着いたのだとしたら、他にもっと参考になるブログがあるはずですw

荷物を割と軽めに、運びやすくまとめるという点で言えば、参考になるかもしれません。

 

今回の荷物

今回の荷物は、バックパックと手提げ袋1つです。

バックパックはROGISIの50Lリュックサック。

参考記事:ソロキャンプ用バックパック装備を考える!

 

手提げ袋はオレゴニアンキャンパーのメッシュ袋です。

 

この手提げ袋に、食材とクーラーバッグ、ゴミ袋やティッシュを入れて行きました。

できれば全てを背負えればいいんですが、食べ物や飲み物はどうしてもかさばって縛り付けにくいです。

 

クーラーはイスカのコンパクトクーラーバッグ(S)。

一応、リュックサックにも横向きのまま入ります。

近いうちに単品でもレビューしますね。多分すごく短くなりますけど。

 

 

パッキングを細かくチェック

それではリュックサックのパッキングを詳しく見ていきましょう。

まずは上の方から。

 

テントはザックの外側、一番上に縛り付けています。

重いものは上に、というリュック三原則の一つですね。

(ほか二つは内緒です)

背負った際に重心が上にあると、支えやすいという理論です。

 

外側寄りにあると重心も外側に行ってしまうので、身体側に寄るよう肩ベルトに付けたリングを通し、前方向に引っ張っています。

テントの収納袋に取っ手があり、ここを通すことで横方向にズレないよう固定できました。

 

ザックの外側。

ちょうど真ん中の薄いポケットには、スマホ用のモバイルバッテリーが入っています。

 

外側のポーチは別売りで後付けしたもので、まずヘッドライト。

場所を取り出しやすいココに決めているわけではなく、たまたまです。

 

ヘッドライトの下に、調味料セットです。

すぐ取り出せるここではなくて、別にザックの奥深くでもいい気がします。

左から、塩コショウ・オリーブオイル・黒瀬スパイス・唐辛子となっています。

 

その一つ内側、ザックに最初から付いているポケットは取り出しやすいので、割とよく使うであろうものが入れてあります。

 

テントのグランドシートとグリルスタンド、ゴミ袋、スパッタシートなど。

スパッタシートはそんなに使わないかな。

グリルスタンドは直火では使っておらずキレイなので、ちょっとしたテーブル的にも使えます。

 

シェラカップはグリムロック(茶色い輪のやつ)でぶら下げ。

外側にあれば、散策中に急に湧き水を飲みたい時などに良いでしょうね。

そんなに都合よくルートに湧き水があるかどうかは不明。

お皿がわりに、計量カップに、一つあると便利です。

 

グリップスワニーのワークグローブG-1も、ザック外側に吊るしています。

移動中に薪を拾うとかがしやすいんじゃないでしょうか。

できるだけ荷物は増やしたくないですけどw

参考記事:耐熱ではないよ!グリップスワニー G-1グローブ

 

グローブのタグに樹脂カラビナを通しています。

グリムロックは片手ではちょっと外しにくいですが、こっちは余裕。

 

続いて右サイドいってみます。

 

グラウンドチェアは収納袋ごとベルトで巻きました。

ベルトはリュック側の縦のループに通して繋がっています。

万一ベルトが緩んでも落ちないよう、袋の上についているループを黒いグリムロックに通しています。

落としたら泣いちゃいますからね。

一点だと歩くたびにブラブラ揺れてしまうので、2本も巻いています。

 

ポケット部分に挿しているのは、左から火吹き棒、トング、ハンマー。

これもストラップが付いているものは、グリムロックに通して落下防止しました。

モノはそれぞれこちらです。

火吹き棒:超かっこいいけど高い、伸縮自在ファイヤーブラスターを買ってみた

トング:王様のトング・キングトング購入レビュー

ハンマー:軽いハンマーの実力は?MSR ステイクハンマー

 

腰まわりに付くベルトに後付けした小さいポーチには、一番よく使うもの。

薄い財布と携帯灰皿、ポケットティッシュなどが入っています。

財布はモンベルのスリムワレット。中身も当然スリム。

携帯灰皿はウインドミルのフィールドマックス5000です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウィンドミル(WIND MILL) フィールドマックス5000コンパス付き グレーヘアーライン 582-0006
価格:3251円(税込、送料別) (2019/10/30時点)

楽天で購入

 

 

コンパス付きなので、寝袋を敷く前に北枕がどっちかすぐ分かります。

吸い殻は4本ぐらいしか入りません。

 

続いて左サイド。上方の大きなファスナーを開けたところに、モーラナイフがしまってあります。

刃物は露出せず、国家権力に付け入る隙を与えないようにしましょう。

縦長のポーチの中身は。

 

ファイヤースターターや防水マッチなどの、火起こしセットです。

セリアのモンターニュ缶には、着火用チャークロスが入っています。

右上の白いのは雨でも使えるロゴスの着火剤で、ラップにくるんで持っています。

どうしても着火できない時に使うお助けアイテム。

ビクトリノックスのナイフは別に焚き火用ではないです。

 

SOTOのスライドガストーチも、ポケットに入っています。

これだけあれば、まず大丈夫でしょう。

 

今回持っていったバーナーはSOTOのストームブレイカー。

ガソリンボトルは外側のポケットに入れています。

サイズは700、3~4食分ぐらいはいけるやつ。

落下防止にカラビナを付けています。

今回の最低11度ぐらいの気温なら、ガスで十分だったことは言うまでもない。

参考記事:SOTO ストームブレイカー買っちった。サイズや収納、定番カスタムなど使い始め情報

 

SOTOの小さいテーブル・フィールドホッパーも、取り出しやすい外側ポケットに。

ヒモをグリムロックに通し、しつこいぐらいの落下防止策も忘れません。

 

ザックの一番下に、鹿番長のアレ(アルミテーブル)とサーマレストのクローズドセルマットを括り付けています。

鹿テーブルの方が重いので内側にすべきなんですが、歩いた時に足や尻に当たって気になるかな?と思って外側にしました。

結果的には全然気にならなかったです。

 

続いてリュックサックのメイン荷室の中身です。

まずは下のエリア。目的地到着まであまり使わず、軽くて潰れにくいものたち。

シュラフ、空気枕、歯ブラシやファーストエイドのポーチ、着替え袋、焚き火ポンチョです。

 

シュラフはサウスフィールドの3シーズン化繊マミー型。

快適温度5度、限界温度0度というやつです。

元値は1万円ぐらいするようですが、廃盤処分価格で半額で買ったものです。

化繊でもけっこう小さくなるので、多数あるシュラフで一番使っているかもしれません。

空気枕はWILD-1ブランド・クオルツのもので、めっちゃ小さく畳めて安いのでおすすめ。

 

続いて荷室の上の方にしまったもの。

衣類などに比べて重いものが中心です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

赤いプラ箱はストームブレイカーのバーナー本体。

これとガソリンボトルで完成品となります。

繰り返しになりますが、ガソリンじゃなくガスにしておけば、もう少し軽くなったはず。

 

オレンジの袋は、クッカーです。

ユニフレームの山クッカー角型3。

 

中にはシェラカップがスタッキングしてあります。

「シェラカップは1つあると便利」と何行か上で書きましたが、2つ目が出てきました。

2つあっても便利ですが、正直言って1つあれば十分です。

ODガス缶は110サイズなら、小さい鍋の蓋のつまみを外してスタッキングできるようです。

 

このチキンラーメンのリフィルを、シェラカップにスタッキングしていきました。

クッカーの蓋はちょっと浮くけど、収納袋に入れたら気にならないレベルです。

がたつきもありません。

 

緑の帆布袋には調理道具。

箸とか包丁とかお玉とかまな板とか…

今回使ったのは包丁(キャンプナイフ)とお玉、箸だけです。

 

グレーのポーチは今回のメインランタン。BEAMというやつです。

重さ410gであまり軽いとは言えませんが、スマホ充電もできたりする充電式LEDランタンです。

参考記事:YAEI WORKERS (ヤエイワーカーズ) BEAM LEDランタンのレビュー

暗め使用であれば、2晩ぐらい余裕でもつ容量です。

 

最後はこちら、焚き火台。ユニフレームの薪グリルSolo。

単品ではテントについで重い、1.1kg。

荷室の一番上、テントの真下に来る感じで仕舞いました。

参考記事:本日発売!ユニフレーム薪グリル Solo【開封レビュー】

 

調理用の鉄板も重ねています。こちらは重さ800g。

歩きには重いけど厚さは無いので、荷物の隙間に入ってしまいます。

参考記事:鉄板戦国時代。男は黙って男爆鉄板!

 

荷物の総重量は!

リュックサックは本体の重さも含めて、16.3kgです。

ずっと背負っているには肩が一番きつく、すぐ一服したくなります。

足腰は意外と大丈夫でした。おそらく重心の効果ですかね。

 

今回はタープを持っていませんが、もし持っていくとタープ以外にポールやロープ、ペグも増えて、プラス1.5kgぐらいです。

タープ無しでもある程度快適になる、前室の広いパンダテントは徒歩キャンプにうってつけでした。

鉄板と焚き火台を削れば、2kgぐらい軽くなりますけどね。

それを削ってしまうと、楽しみも減ってしまいますから!

 

何を削って何を残すか、考える時間もちょっと楽しいですよ。

徒歩キャンプを考えている方の参考になれば幸いです!

 

 

Sponsored Link