公開日:

ふもとっぱらでそとあそび2018・後編~ゆるいキャンプイベント△

ふもとっぱらでそとあそび2018の続きです。

前編はこちらから。

ふもとっぱらでそとあそび2018・前編~ゆるいキャンプイベント△

 

 

日が暮れてきたので、晩ごはんの準備をします。

そとあそびイベントのオークションやライブなどは夜も続いていますが、物販などは16時半までで終わりです。

 

 

 

 

薪ストーブにダッチオーブンとケトルを載せまして。

 

 

 

煮込むべし!(お湯はすぐ沸きます)

 

 

 

お湯はこいつ用です。尾西のアルファ米。

非常食の期限が切れそうだったので、せっかくならキャンプで食べようと。

 

 

 

 

お湯を15分入れて待つだけで、ほかほかごはんができあがり。

味も十分美味いです。

 

 

昔は防災食なんてパサパサのカンパンぐらいでしたけど、今のはすごいです。

メーカーさんがすごい努力されたんでしょうね。

 

 

 

 

先日DIYしたツールハンガー、やっとフィールドデビューです。

薪ストーブの横に置いておくと便利ですけど、焚き火テーブルでも良いといえば良いですね。

参考記事:焚き火ツールハンガーを作ってみた

 

割っていない太い薪は右の緑のスチール箱、割った小さい薪は左の「となりのまきちゃん」に置いています。

 

 

 

薪ストーブ底面にシールド板を入れて下方向への輻射熱を殺しているんですが、もし入れていなければストーブ下に突っ込んで薪の乾燥ができるんですよね。

今回のようにフロアをめくって半土間で使うなら、地面までの距離も十分にあるのでシールド板は抜いても良いかもしれません。

 

 

 

ウインナーはちびパンに蓋をして、少量のお湯で蒸し焼き。

これもうまいです。焼けるそばから無くなりました。

 

 

 

 

メインはダッチオーブンで作るサムゲタン。

スープは出来合いのサムゲタンの素を使って、骨付き鶏肉とネギを入れただけ。

うまいんですけど、鶏肉のホロホロ感が無かったです。

弱火で煮込み時間をもっと長くしないと駄目ですね。

 

 

 

 

ご飯の後は、ちょっとだけイベント会場へ。

去年の記事にコメントを頂いた、サチコ&マーボーさんが演奏中です。

子供向けの曲から大人向けの曲、ゆるキャン△の曲なんかも演ってました。

のんびりした空気感が流れており、リラックスできます。

 

 

 

 

長男は22時には寝ましたが、テントの周りはまだまだ宴会が続いていました。

グルキャンが多いようで、そこかしこから大声で話す声や笑い声が聴こえてきています。

これは週末ふもとっぱらの悪いところですね。

昼間から大体予測できていたので、驚きもしません。

 

寝れそうにないので、解禁されたてのボジョレーヌーボーをいただきます。

つまみは燻製チーズと、もうひとつ。

 

 

 

揺れる炎。最&高ですよ。

BGMがおっさんやおばさんの高笑いなのが残念ですけど。

 

日常に戻れるのか心配になりつつ、1時ぐらいには周りも静かになったので、寝袋に潜りました。

 

深夜4時に薪が燃え尽き、寒くて一度目が覚めます。

シュラフは-1度まで対応のモンベルのファミリーバッグ#1です。

室温は5度。薄着だったからかもしれません。

 

薪ストーブに熾火は残っていたので、薪を追加しますがなかなか火力が上がらず。

バーナーで薪を炙るも、ノーマルガス缶だとなかなか気化せず。

1本ぐらいイソブタン配合のパワーガスを用意しておけば良かったです。

 

 

ガス缶を手で温めながらなんとか薪を燃やして、すっかり目が覚めてしまって再びシュラフに潜りますが、足が寒くて寝られません。

 

そこで役に立ったのが、ダウンシューズ!

 

 

寒がりの奥様用に買っていたものですが、こいつを履くと足がポカポカしてぐっすり眠れました。

 

 

参考記事:こっちは正解!ノースフェイスの半額テントシューズ

 

残念ながら記事執筆時より価格は割高になっています。

 

 

 

 

朝は日の出を見るつもりがしっかり寝過ごしました。

しし座流星群も、この日の朝方がピークだったようなんですけど。

ともあれ天気が良いので些細なことですよ。

 

 

 

 

テントは夜露で濡れていますが、天気が良いので余裕で乾きます。

風もほどよくあるので、内側の結露もすぐに乾きました。

 

 

 

 

朝ごはんは、サムゲタンのスープに棒ラーメンを入れた鶏ラーメン。

鍋のシメを翌朝の朝食にする作戦です。

 

 

 

 

食べ終えたら撤収作業を始めます。

写真は薪ストーブの煙突トップなんですが、ススで穴が詰まる寸前です。

もし詰まってたら煙が逆流してくるので、けっこう嫌です。

一晩でこれですので、穴を増やすか広げるかしないと駄目かもしれません。

今の薪ストーブ「焚き火の箱 easy 400G」は煙突から火の粉を吹いたことはありませんので、目を荒くしても大丈夫だと踏んでいます。

 

 

 

 

湿っていたグラウンドシート以外は片付けて、イベントの抽選会へ。

昨年は大当たりでしたが、今年は何もありませんでした。

風も穏やかでしたし、フモ神様は別なところに遊びに行ったんでしょう。

 

 

 

 

二人だと荷物もこんなに余裕。

座席も荷物置き場にできるので、後方視界良好です。

 

 

 

 

帰り道に吉田うどんを食べて、渋滞にハマりながら帰宅。

中央道も東名も事故渋滞で、家に着くまで5時間かかりました。

日曜の西方向から東京への上りは毎回地獄です。

必ず誰か事故ってる気がするんですが。

 

 

 

奥様と次男へのお土産は、ゆるキャン印のほうとうとカレーせんべい。

帰り道の談合坂サービスエリアに売ってました。

あとは山梨の野菜もいくつか買っています。

 

 

まとめ

 

 

2日間天候に恵まれ、懸念だった強風もなく穏やかなもんでした。

(奥様は何も事件が無いことに残念そうでした)

そとあそびイベント自体もゆるく楽しめましたし、また来年も行くと思います。

長男も実は受験直前だったんですが、リラックスできたようで良かったです。

総じて平和なキャンプでしたが、帰りの渋滞でどっと疲れました。

次回は温泉にでもゆっくり浸かって、夕方に帰る方が良いのかもしれません。

 

 

こちらをクリックして頂くと、ブログ村ランキングのINポイントが増えます。
今後も応援のほど、よろしくお願いします!
↓↓↓

 

Sponsored Link


6件のコメント

  1. こんばんは(^▽^)/
    やっぱり、ふもとっぱらはいいですね~(*´﹀`*)
    風もなく、薪ストーブで快適ですし、羨ましい!!
    ツールハンガーもカッコよくて、使い勝手が良さそうですね!
    そうそう足が冷たいと、なかなか寝つけなくなりますよね。
    ナイス、ダウンシューズ(*ゝ∀・)v
    渋滞さえなければ、我が家も、もっと西側にキャンプに行くのに…

    1. みーこパパ より:

      こんばんは(^^)コメントありがとうございます!

      天気に恵まれるふもとっぱら、かなり強力ですね!
      風の予測はしにくいので、運まかせな部分もありますねぇ。

      ツールハンガーは確か材料費3,000円ぐらいですが、
      タオル干しにもなるので乾燥防止にもなりますw
      ダウンシューズは小さくたためて、履くだけで暖かいので
      湯たんぽよりいいかもしれないですね。

      茨城方面から富士山周辺ですと、圏央道ですね。
      ただこの日は八王子より手前で既に渋滞でした...
      私としては冬タイヤ無しでも行ける茨城は、これからの時期アツいですw

  2. お疲れ様でした☆
    あの日は東名の渋滞ひどかったですね。

    我が家は温泉と晩ごはんを楽しみながら、のんびり途中まで下道で帰って来ました♪

    2時にキャンプ場を出て、家に着いたのが夜の9時。
    どっと疲れました(笑

    1. みーこパパ より:

      こんばんは(^^)コメントありがとうございます!
      ふもとっぱらは良い天気でしたね~。

      ナビに下道も提案されたんですが、知らない一般道を長距離は疲れるので、上で疲れる方を選びました。
      温泉と晩ごはんの時間があったとしても、7時間移動はクタクタですよね...w
      家族連れだと難しいですが、いっそ諦めて仮眠していくのが良さそうですね!

  3. 薪ストーブにステンダッチにケトル・・・
    このコラボは素敵ですね!
    かっこいいなぁ~。
    最近結局幕内で過ごさないから薪ストーブも
    ちょっと見送りかなぁって思っていたのですが・・・
    また欲しくなりましたよ・・・(笑)

    1. みーこパパ より:

      こんばんは(^^)コメントありがとうございます!

      気づいてみれば、薪ストーブとケトルとダッチオーブン、
      全てステンレスでできています!
      意識していたわけではなく、結果的にこうなっていましたw

      私も冬に外で焚き火しながら過ごすのは好きなんですけど、
      奥様が寒がりなので風を完璧に防げるのは幕内なんですよね。
      設営撤収の手軽さで言えば、断然焚き火ですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です