スポンサーリンク

エバニューのチタンアルコールストーブで火遊びのすすめ

2020-03-05

新型コロナウイルスのおかげで色々大変になっている昨今。

今回は自宅でも遊べるキャンプギアのご紹介を。

キャンプ場はまだマシとしても、人混みに出ること自体リスクですので、おうちでキャンプ気分をかじるという趣旨です。

 

エバニュー チタンアルコールストーブ

日本の老舗アウトドア用品メーカー、エバニューさんのチタンアルコールストーブです。

十字ゴトクも一緒に買いました。

理科の実験でアルコールランプを使ったことがある年代なら問題ないと思いますけど、基本お子さんには親が付き添いで使うようにしてください。

 

パッケージ裏面。

  • サイズ 7.15×4.20cm
  • 重量 34g
  • 材質 チタニウム
  • 燃焼容量 70ml

手のひらサイズで超軽量です。燃料は燃料用アルコール専用。

薬局などでも1本から売ってます。

屋外使用のみとなっております。

屋内の場合は換気しつつ、かつ延焼に十分気をつけて自己責任で遊びましょう。

 

本体は円筒状で、穴が開いています。

燃焼中は全体が熱くなるので、手袋が要りますね。

 

内側には燃料の目盛りが刻印されています。

30mlで約5分の燃焼という目安。

燃費はあまり良いとは言えませんね。

 

底面です。

アルコールのみ使用・ストーブが熱い状態で給油すんなということが書いてあります。

 

こちらが十字チタンゴトク。

薄くてペラペラですが、簡単に曲がったりしない強度があります。

 

セットは簡単、クロスさせてストーブに載せるだけです。

直径が小さいシェラカップやエスプレッソメーカーなども支えられます。

 

こうやって草の上なんかでは安定しないですし、本体が熱くなるので草にもダメージがあります。

小さいテーブルか、アルミバットのようなお皿の上で使うことをおすすめします。

 

点火の儀

さっそく使ってみましょう。燃料用アルコールを注ぎます。

先の細いボトルを使ってますが、ケンエーの500mlボトルなら直接でも別にミスしないかと。

本体が軽く小さいので、誤って倒したりしないよう注意。

 

エバニューチタンアルコールストーブの場合、目盛りがあるので上限も分かりやすいです。

アルコールを入れたまま運べませんので、入れるのは使う分だけ。

5分ぐらいなら30ml、10分ぐらいなら60mlという感じで。

 

底に溜まったアルコールに、長尺ライターやマッチなどで着火します。

明るい場所だと着火したかどうかが分かりにくいです。

手をかざして、熱を感じるかどうかで判断してください。

最初は真ん中だけ燃えて、温まってくると周りの穴からも炎が上がります。

 

炎が全然見えませんよね。

これでも燃えているんです。

着いていなければ熱を感じませんので、すぐ分かります。

 

200mlのお湯を沸かすのに、約4分ぐらい。

遅くはないですが、速くもないです。

風の有無で全然変わります。

 

その後は自然消火を待ちます。

フタができるものですと、消火して持ち運べますね。

エバニューのチタンアルコールストーブには、フタはありません。

他社製が使えるようですが、別に無理して途中消火することもないかなと。

 

風防について

アルコールストーブは風にめっぽう弱いので、風防は必須です。

上の写真では、組み立て型ウッドストーブのパーツを使っています。

参考記事:格安ウッドストーブで二次燃焼を楽しむ!

 

上面が全部塞がるほど大きい鍋では、火が消えてしまいます。

多少隙間がある方がよく燃えますね。

風が防げれば、よくある屏風型の折りたたみ板などで構いませんよ。

 

まとめ・携帯したすく火遊びにもおすすめ!

最後にメリット・デメリット!

まずはメリットから。

  • 火力は弱くない(強いってほどでもない)
  • ストーブ本体が小さく軽い
  • 燃料代は安い
  • 燃料はドラッグストアで買える
  • 低温でも使える
  • 燃焼音が小さい

続いてデメリット。

  • 火力調整ができない(ゴトクと鍋底の距離ぐらい)
  • 使用中の燃料補給ができない
  • 風に弱く風防必須
  • 明るいと燃えている炎が見えない
  • アルコールが引火しやすく、取り扱い注意

 

火力の強さ・火力調整の容易さ・燃料の入手性・安全性など、ガスの方が多くの点で勝るため、メインバーナーにはならないですね。

低温に強いという点では、ガスに勝っています。

液出しガスだと…低温でも使えますね。

荷物を少しでも軽くしたいトレッキングなんかで、コーヒーやカップ麺のお湯を沸かすにはピッタリです。

ガスバーナーを持っているオートキャンパーが、非常用に持つというのもアリかな?

朝の寒い時とか、コーヒーだけ飲みたいって時なんかにちょうどいい感じで。

 

あとは自宅での火遊び。これにもピッタリ。

アルコールは燃えやすいので、こぼさないよう注意が必要です。

中火ぐらいでユラユラと静かに燃えるので、ちょっとした気分転換に良いです。

臭いも煙も出ませんので、近所迷惑にもなりません。

 

価格は本体が3,000円ぐらい、ゴトクが1,000円ぐらい。

 

何度か使っていると、青く焼けてきます。

チタンならではの焼けですね~。

軽量化はもちろん、自宅でのちょっとした暇つぶしにもおすすめですよ!

 

 

Sponsored Link