スポンサーリンク

面倒くさいよ!薪ストーブ・焚き火の箱の煙突横出しテスト

今回はうちの薪ストーブ、焚き火の箱の煙突についてです。

タケノコテントに替えたため、これまでのように真上には煙突を出せません。

 

 

そのため、煙突を横方向に伸ばし、幕外で垂直に立ち上げる取り回しが必要になります。

 

 

注意事項

テント内での火器使用は火災、一酸化炭素中毒など死亡事故のリスクがあり、テントメーカーでは禁止されております。

私も一酸化炭素警報器を2個使っておりますが、十分な換気、燃えやすいものは近くに置かないなど、細心の注意を払って自己責任にて行って下さい。

 

 

というわけで、いろいろ用意してみました。

 

 

 

北海道の新保製作所さんから取り寄せた煙突類、おおよそ3万円分。

小さく収納できる「マトリョーシカ煙突」が17,000円と高いです。

 

 

 

こちらは笑’sさんのオプション品で、焚き火の箱に106Φ煙突を接続するための変換アダプターです。

「焚き火の箱easyには使わないでください」と書かれておりますが、接続は可能です。

排気効率が良すぎて、燃えすぎてしまうため禁止しているようですね。

 

 

 

横から見た図。

基本的には一般的な106Φの煙突が無加工で付くのですが、今回のマトリョーシカ煙突を使う場合は加工が必要です。

理由は後ほど。

 

 

 

 

燃えすぎ抑制のためのダンパー付き煙突。これを併用します。

幕内で操作できるようにするには、変換アダプターの直後に付けないといけません。

 

アダプターと無加工で付く方向に付けていくと、マトリョーシカ煙突が入らないんです。

接続オスメスの違い、みたいな感じですね。

煙突直径106mmと105.5mmぐらいが交互にはまっていくべきところで、105.5mm同士がかち合ってしまう。

 

...言葉で説明するのは難しいですが、とにかく入らないんです!

これを防ぐためにはアダプターに繋がる煙突を本来とは逆、隙間が大きい方で繋がないといけません。

 

 

 

アダプターの外側に、針金を巻き付けまして。

これだけだとまだ隙間があるので、パテで埋めます。

 

 

 

 

ホームセンターで見つけた、耐火パテ。

1,100度でもOK、ということです。

 

 

 

 

針金周辺に塗りたくります。

 

 

 

 

排気ダンパーと合体!

パテがはみ出てきましたが、隙間を埋めてくれるかという期待でそのままにしておきます。

硬化時間は24時間なので、一日以上放置しました。

 

 

 

万一使っている時に煙突が外れると、火事になります。

このホースバンド110mmで、接続部を上から巻きました。

 

 

ここまで出来たら、いよいよ火入れ!

若洲キャンプ場で、実際にテストしに行ってきました。

 

 

先程の接続部、この写真は火入れした後ですが、こういった感じ。

このはみ出た耐火パテは、火入れ後はボロボロに崩れました。

耐火とは何だったのか。

 

 

 

 

ななめ前から見た図。

カシワのグリルスタンドで底上げして、煙突を横方向に伸ばし、鋼製束という床を支えるための金具で煙突を支えています。

 

 

 

拡大図。

煙突ガードはラス網というもので、新保製作所さんで購入した製品です。

 

 

 

 

マトリョーシカ煙突は長さ2,100mmのタイプです。

根本は直径106mm、上の方は直径80mmと段々細くなっているんですね。

そのため、収納する際は入れ子にして省スペースで済むという優れもの。

(ただしお値段は普通の煙突の数倍)

 

 

 

 

横方向はダンパーと1mの煙突、90度垂直に曲げて、上方向にマトリョーシカ2.1mとトップ網笠。

揺れ止め金具を付けて、ロープをペグダウンしてテンションをかけて安定させます。

 

強風だとちょっと不安で、もう一点ぐらい転倒防止が欲しいところです。

垂直部分に杭かパイルドライバーでも抱かせるのが簡単そうですね。

 

 

スノーピークじゃなく、安いやつで十分だと思います。

 

 

 

あとはグリルスタンドもSサイズでギリギリなので、もう少し大きいサイズにしようかと。

テントフロアの上に難燃耐熱シートを敷いて、その上にスタンド&薪ストーブという構成で考えています。

その場合ペグダウンできないので、重さのある土台に縛り付けて安定させ、さらに誤って触れないよう大きな土台が必要という考えです。

 

 

このあたりが有力候補です。テントに入れる時までに調達します。

 

ちなみに下方向への熱の放射は、焚き火の箱のオプションの遮熱シールドを付けておくとほぼ完全に遮断できます。

グリルスタンドに手を入れると、ひんやりするぐらいですよ。

 

 

 

 

肝心の燃焼は、しっかり燃えてくれました。

純正煙突は330cmという長い煙突を使っていたので、それと比べてしまうとドラフト(煙突での上昇気流、空気の吸い込み)は劣ります。

普通に燃やしている分には良いんですけど、薪の補充のために扉を開けると煙が扉から出てきてしまいました。

垂直方向にもう30cmぐらい伸ばしてもいいかもしれない。

 

 

 

 

煙突が温まるまではアダプターの隙間から煙が出てきて、とても幕内で使える感じはしませんでしたが、一旦燃えだすと快調に煙突から煙を吐き出します。

とはいえ換気はちゃんとしないと、危険なことになりますね。

 

 

 

今後の課題

 

 

横方向の煙突にラス網を巻いただけですと、断熱が不十分で恐らくテントが燃えます。

隙間だらけなので、当然といえば当然ですが。

手で触れるけど長時間は無理! そのぐらいの熱を放射しておりました。

 

 

 

 

以前の純正煙突では、純正煙突ガードに難燃スパッタシートを巻いて大丈夫でしたが、今度はスパッタシートだけだと厳しそうです。

遮熱する金属板をラス網に巻いて、さらにスパッタシートを巻いてみます。

むしろラス網いらなかったかもしれない。

 

アダプター接続部の崩れた耐火パテの影響なども含めて、幕内に入れる前にもう1回ぐらいテストしたいところです。

 

 

まとめ

 

 

ここまでしっかり読まれた方は、恐らく薪ストーブユーザーか、薪ストーブを検討されている方だけでしょう。

大多数の方は、めんどくさっ!と感じたのではないでしょうか。

 

危険なものを安全に扱うというのは、面倒くさいことなんです。

 

積載や薪の用意なども含めて敷居は高いんですが、使ってみると面白い道具です。

しかし危ない物であることは間違いないので、不用意には手を出さない方がいいですし、万人におすすめはしません。

電気の暖房の方がよっぽど安全で手軽です!

 

 

こちらをクリックして頂くと、ブログ村ランキングのINポイントが増えます。
今後も応援のほど、よろしくお願いします!
↓↓↓

 

Sponsored Link