スポンサーリンク

薪割り改善計画~ラクして薪を割りたい!

寒波の影響で寒い日が続きますね~。

東京で寒いと言ってたら、北国の人に笑われるでしょうけど...

北海道出身なんですが、寒いもんは寒いですw

 

先日薪ストーブを導入しましたが、ちょっと思うところがありまして。

それは、燃料となる薪について。

 

キャンプ場で買ったり薪販売店で買ったり、お手軽にネットでポチったりといった入手経路ではなく、効率良く薪割りしたい!というのが本日のテーマです。

ユニフレームのファイアグリルを使っている分には、多少太くてもそのまま燃やしてました。

 

 

しかし薪ストーブ、特に側面に窓付きとなりますと、ある程度割りたいんですよね。

太いままだとガラスに薪が当たって、ススで黒くなってしまいますので。

 

現状の薪割り

現在うちで使っているのは、Amazonベストセラーのハスクバーナの手斧です。

針葉樹はともかく、広葉樹の薪だと、けっこう苦戦します。
端の方から少しずつ小割にしないといけません。

まぁ短いですし、仕方ないといえばそうなんですが。

[amazonjs asin=”B00HC077GQ” locale=”JP” title=”ハスクバーナ 手斧 38cm 576926401″]

 

年末に失効間近なTポイントがありまして、ひっそりモーラナイフも買ってみていました。

コンパニオン ヘビーデューティーというヤツです。

ヘビーデューティーとは

激しい使用に耐えること。耐久性があること。また、そのさま。

デジタル大辞泉より

つまり歴戦のスーパーコンパニオンですね!

実際先日のキャンプで使ってみたんですが、柄まで刃の金属が通ったフルタングじゃない物なのでバトニング、薪割りにはイマイチでした。

削り用途なら十分で、他の切る用途でも便利でしたけどね。

キャンプエプロンにぶら下げておくと、すぐ取り出せて重宝しました。

[amazonjs asin=”B009NZVZ3E” locale=”JP” title=”モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG”]

 

薪割りは子供も奥様も面白がってやってくれるので、手斧より簡単そうな薪割り方法について、ざざっと調べてみました。

 

 

でかい斧

イメージ画像です。CAPCOM様より

当然ながら、手斧より長い斧の方が破壊力があります。

キャンプに持って行くことを考えると、微妙ですが...

キャンプ以外で誤って車に入れっぱなしにしておくと、職質された時に困りそうです。

 

昔親戚の家で薪割りを手伝った時は、こんな感じの長い斧でした。

[amazonjs asin=”B00004SD7B” locale=”JP” title=”Fiskars/フィスカース 7854 X25 ガーデンアックス/斧/並行輸入品”]

一撃で割れると気持ちいいんですよね。ただし筋肉痛になります。

 

 

キンドリングクラッカー

画像はFIRESIDE様より

安全かつ簡単に薪が割れると話題のアイテムです。

上のリングに薪を入れて、上から薪を叩くと下の刃で割れるという逆転の発想です。

キャンプに持っていくのはちょっと邪魔くさいけど、良さそうですよね。

[amazonjs asin=”B01L6LYJ5S” locale=”JP” title=”ファイヤーサイド キンドリングクラッカー 72000″]

台にネジで固定して使うというのがキャンプ向きではないですが、丸太ごと持ち歩けば良いのでしょうか。

 

 

手動式 超かんたん薪割り機

画像はドゥーパ!様より

刃のついたくさびを薪に当てて、スノーピークのパイルドライバーの要領で打ち込んで割る道具です。

商品名で謳ってるぐらいなので、簡単なんでしょうw

これも少ない力で安全に薪割りができそうですが、18,360円と少しお高め。

ドゥーパ!SHOPさんの商品ページのリンク貼っておきます。

手動式 超簡単薪割り機

 

 

持ち運びが大変なものほど、ラクに割れそうですね!

まずは今の手斧を研いでみて、それでもダメだったら何か買おうかな?
と思っています。

こんな簡単な割り方があるよ、という方がいらっしゃったら是非教えて下さい!

 

 

応援のほど、よろしくお願いします!
↓↓↓

 

Sponsored Link