スポンサーリンク

ダルトンのおしゃれアイテム!折り畳みホウキとチリトリのレビュー

最近、埼玉の三郷にあるiLBFさんに行ってきまして。

つい薪ストーブを買ってしまったりしていました。

そちらは実際に使ってから、詳しく記事にするとしまして…

本日はその時に店頭で見かけて買った物、ホウキとチリトリについてのレビューです。

 

ダルトン(Dulton) ハンディ ダストパン ブラシ オリーブ

おされ雑貨のダルトンさん、ご存じでしょうか。

そちらの折りたたみホウキとチリトリです。

英語だとハンディ ダストパン ブラシ、Handy dustpan brushですが、当サイトでは誰がなんと言おうとホウキとチリトリで通しますよ。

 

キャンプでホウキとチリトリを使う局面と言えば、撤収時のインナーテント掃除ですね。

砂や草でいつの間にやら汚れているじゃないですか。

これまでは100円ショップの小さいホウキとチリトリで掃除していたんですけど、小さいので時間がかかってしまっていました。

このぐらいのサイズがあれば、楽になるんじゃないかと。

 

まず収納状態から。収納サイズは16.5×36.8×4.3cm、平たい形です。

グリップ部分が本体とツライチになれば最高にクールでしたが、贅沢は言えませんね。

厚みが4.3cmなので、車のシート下などに入れっぱなしにできるかなと。

 

ホウキとチリトリは、引っ張ればパコッと分離できます。

上の写真の状態が最短の状態で、卓上なんかを掃除する場合はこの状態ですね。

消しゴムのカスとか、プラモデルの削りカスとか…

皆様ご想像の通り、卓上には大仰すぎますが。

 

シャキーン!とハンドルを起こしたところ。

この長さはまぁ、イスに座りながら足元を掃きたいとか。

車の中などで使う場合ですかね。

理由付け苦しいな!たぶん私は使わないですw

車の床がカーペットだと、掃除機の方がおすすめ。

 

チリトリの方も、同じ感じにできます。

どうせこの長さで使うことは無いので、軽く流しますよ。

 

ハンドルを回してロックをゆるめ、一段階伸ばした状態。

子供や小柄な方が使う時は、このぐらいの長さですね。

キャンプで使うのはこの長さ以上でしょう。

ホウキとチリトリそれぞれ2節、無段階に調整可能です。

 

最大限に伸ばしました。

ホウキが最大83cm、チリトリが最大76cmになります。

この長さですと、成人男性でもほとんど腰を曲げずに掃き掃除が可能です。

ブラシはちょっと柔らかめで、テントの布地を傷つける心配はありません。

もう少し硬ければ車のカーペットにも効果的に使えるんでしょうけど、それを言っちゃあおしまいです。

 

チリトリにはギザギザのクシがありまして、これでホウキについた砂を落とせます。

このクシは短いので、正直申しますと手でやった方が速いです。

 

残念な点が、ホウキとチリトリ合体させて収納時に、ホウキの毛を挟んでしまいがち。

なんかだらしないと言うか、卑猥な感じになってしまいます。

ホウキ側を傾けるようにして合体させれば、ハミ毛は無くなります。

 

割と厳しいレビューになりましたが、携帯型のホウキとチリトリとしては十分合格点です。

まず見た目が格好いいです。流行りのオリーブ色で。

薄いので車の隙間に入れておけて、掃除の効率は100均のそれを大きく上回ります。

ただし!あくまでも携帯型としては、ですけどね。

毎日おうちで掃き掃除をする方には、折り畳み型じゃないやつの方が使いやすいでしょう。

これが悪いというわけじゃなく、どうしても携帯性を重視した商品ですので限界があります。

 

色はオリーブのほか、青、黄色、グレーの4色。

Amazonレビューでは星1と酷評されてます。

ロックができず回ってしまうそうですが、私のは普通にロックできますのでレビュワーさんのは壊れてますね。

ハンドルを回してロックをかける時、しっかり力を入れて回さないと回っちゃうかもです。

 

見た目と携帯性は良く、使い勝手はまぁまぁ。

小さいお子さんがいると、テント内が砂で汚れがちですよね。

うちは大きい子供だけでもけっこう汚れてますけど。

撤収時に綺麗にしておけば、次に使う時も気持ちよく使えますのでご検討ください。

 

 

Sponsored Link