DOD タケノコテントの解剖!新旧の違いや暖房など編


DODのタケノコテントを解剖するコーナー、第二回です。

奥様が望むような「ぐらんぴんぐ」は実現するのか、可能性を探っていきます。

 

 

前モデルと新モデルの違い

 

 

タケノコテントは2018年にマイナーチェンジがありました。それに伴って価格も5,000円上がっています。

 

まず新モデルの大きな変更点は、壁面の生地がポリエステル75Dから150Dになっております。

ちなみに75Dや150Dという数字の意味するところは、ポリエステルの織り密度です。数字が大きいほうが、より分厚いと考えて頂ければと。

分厚いと寒さにも強くなるかと言いますと、多少ですね。

そこはほら、言っても布繊維ですから。大して変わりません。

厚い方が丈夫になることは間違いないのですが、その分重くはなります。

 

 

続いての大きな変更。

 

画像出典:DOD様

 

開放できるドアが、1つから2つに増えております。

このドアが1つか2つか、というのは使い勝手が全く違います!

 

どっちからも出入りできるという利便性や動線の問題もありますが、後述する薪ストーブの煙突を出す際、幕側に穴を開けずに使えるという違い。

天井には開放できる穴は無いので、とても大事ですよ。

私が選ぶに当たって、旧モデルならこの時点で選外になりますね。

旧モデルでも穴を開けて煙突ポートを作ればいいんですけど、面倒ですし価値も下がってしまうし面倒なので。

大事なことなので2回言いました。面倒です。3回目。

ドアが2つの方が絶対に良いので、値上げ分5,000円以上の価値があると考えます。

 

新品で購入する場合は言うまでもなく2018新モデルですが、もし中古で購入する場合は確認した方が良いですよ。

 

DODさんはユーザーの声を拾って、こうしたマイナーチェンジをするスピードがとても速いです。

もちろん嬉しいことですが、買う場合はどのモデルなのか気をつけましょう。

 

 

 

タケノコテントの寒さ対策について

 

広い空間をもつテントですから、冬場の寒さ対策は重要です。

 

まず現在私が使用しているサーカス440の空間の広さ、体積。

 

細かい計算式は省きますが、29.04立方メートルです。

 

対してタケノコテントの体積は、30.84立方メートル

わずかにタケノコの方が広い空間を有していると言えます。

 

サーカス440の場合は、灯油ストーブのフジカハイペット1台では暖かくなりません。

(かと言って寒くて凍えるほどではなく、ストーブの周りで防寒着を着て普通に過ごせるぐらい)

薪ストーブとフジカハイペットを併用すると、少し薄着になれます。

 

うちの寒がりな奥様には、タケノコテントの場合も同じレベルの暖房が必要になりそうです。

 

 

薪ストーブの煙突について

 

まず私が現在使っている薪ストーブ、焚き火の箱の使用は絶望的です。

これは折りたたみ煙突が垂直にしか伸ばせませんので、サーカス440やピルツのように上が開くテントか、壁面が斜めのサーカスTCなどでしか使えません。

 

 

大きなガラスで炎が見えるのに、小さくたためて最高なんですけどね。

残念ながら標準の折りたたみ煙突は真上にしか伸びないのです。

タケノコテントで使うとすると、屋根に穴を開けないといけません。

 

横に伸ばせる煙突であれば、2枚ドアの1つから出せますね。

イメージはこんな感じ。

90度曲げたら真横に引いて、ドアを通って、また真上に伸ばす。

パイルドライバーやチンアナゴペグで煙突を支え、固定。

ドアを通る煙突は、煙突ガードで断熱します。

横引き部分は1mぐらい、縦は2mぐらいですね。

 

以前記事に書いたテンマクデザインのウッドストーブ、これがあれば解決しますが。

 

 

参考記事:テンマクデザインの新作薪ストーブが凄いよ!

 

薪ストーブ2台持つというのは自宅の収納的にも厳しく思いますので、この場合焚き火の箱は売ってしまうことになりそうです。

幕内で燃える火が見えるのは最高なんですけどね~。

 

 

まとめ

 

雨の日を避ければ、なかなか快適に使えそうだということは分かりました。

設営、撤収、運搬、保管も今のサーカス440より大変になることは無さそうです(もちろん雨の日を除く)

 

ただし真冬は暖房が何も無いと、この広さは絶対に寒いです。

電源サイトでホットカーペットが使えるなら、多少マイナスの気温でもギリギリ灯油ストーブ1台でいけるかと。

(うちの奥様のように、寒がりは除く)

 

グランピング目的で考えると、寒さに耐えるのはグラマラスじゃないと思いますので薪ストーブ問題を片付けないといけません。

 

 

 

 

別注色のタンはこちら。

サーカスとかぶるので、うちで買うなら普通のベージュでいいかな?

 

 

 

私としては薪ストーブ問題が解決してから買いたいんですが、奥様はもうすっかり買う気でおります!

 

 

こちらをクリックして頂くと、ブログ村ランキングのINポイントが増えます。
今後も応援のほど、よろしくお願いします!
↓↓↓

 

Sponsored Link



4件のコメント

  1. 薪ストーブ!
    勉強になります!
    広いと暖も取るのも一工夫ですね。
    寝るときしかテントに入らないので。
    次のテントに向けて勉強勉強!

    1. こんばんは(^o^)コメントありがとうございます!

      テントが広いと居住性はいいんですが、暖房は大変です。
      小さいテントに暖かい寝袋で、というのが一番エコですね~。
      薪ストーブは私もベテランではないですが、使いつつ色々調べましたので
      なにかあればお気軽にどうぞ!
      revoベースに薪ストーブ、きっと楽しいと思いますw

  2. こんばんは!

    タケノコテントってマイナーチェンジがあったんですね!知りませんでした。

    というか、奥様の希望が叶う日が着々と近づいている気がします(^-^)
    タケノコテントは見た目からゴージャス感ありますよねー!!奥様が欲しがる理由も分からなくないですね(笑)

    1. こんにちは(^^)コメントありがとうございます!

      DODさんは、リコールレベルじゃなくてもどんどんマイナーチェンジしますね。
      このフットワークの軽さは素晴らしいです!

      タケノコは壁がまっすぐ垂直で天井が高く、数字以上に広さを感じます。
      その分、暖房などをしっかりしないと寒いでしょうね~。
      グランピングするには、荷物が大変なことになりそうですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。