スポンサーリンク

ワンポールテントをツールームにする作戦

2017-10-18

先日のキャンプで、ワンタッチタープが雨漏りする件が浮上しました。

雨漏りというか、サイドシートのファスナー部分からの浸水。

オープンタープも風の吹き込みで濡れることは普通にありますし、
中で寝るわけではないので多少雨漏りしても構わないんですけど、
しないことに越したことはないですね。

 

以前からツールームテントを検討する記事を書いておりまして、自分の中ではコールマンのウェザーマスター コーチで決まりかけていました。

画像はコールマンより

 

そこにチャムスのツールームに揺れた時期もありましたが、奥様のリアクションが思ったほど良くもなくw

ここに来て、また新たな伏兵が現れました。

 

ワンポールテントです。

これをツールームとして使っちゃう作戦を思いついてしまいました。

…自分で考えたわけではなく、以前からあるやり方ですね!

 

基本的には三角屋根なので、デッドスペースが多いのが気になりますが…

設営のしやすさから言うと、トップクラスじゃないですかね?

 

まず4人家族でツールームとして使うので、ある程度の大きさが必要です。
色々比較してみましょう。

 

小川キャンパルのピルツ

画像はキャンパルジャパン様より

国内メーカーのワンポールといったらコレは外せないでしょうね。

ツートンカラーがとっても素敵。

 

「オガワ?知らんわ誰じゃ。」
という奥様も、写真を見れば
「あーコイツか。」と納得のかわいらしさ。

4人家族でツールームとして使うなら、ピルツ19にハーフインナーかな?

 

真夏にはちょっと暑そうなのが気になりますね。
今のアメドもまぁまぁ暑いですがw

 

こと日本国内でキャンプする分には、寒さは重ね着や暖房でどうにでもなるけど、暑さはどうにもならないと思います。

暑さはポリコットンのピルツなら幾分か良いかもしれませんが、今度は雨に弱くなってしまいますね。

雨に弱いテントというのは、自分の中では絶対に無いですね。

雨でもキャンプを決行するのは、テントという安全地帯があるからですので
そこが揺らいでしまうならキャンプできません。

浸水しないとしても、濡れると乾燥が大変なのでコットン幕は選外です。

 

さてこのピルツ19、正規の値段で買うと15万円ぐらいになります。
ヤフオクで探した方が良さそうですね。

 

ノースイーグルのツーシーンワンポールテント500

画像はノースイーグル様より

なんと言ってもハーフインナーが付いてライバルの半値以下という値段が素敵ですね~。

ピルツよりメッシュ面も大きく、多少涼しそう。

サイズが一回りでかいので、設営できるサイトは選びそうですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

North Eagle(ノースイーグル) ツーシーンワンポールテント500 NE200
価格:27999円(税込、送料別) (2017/8/24時点)

 

壁面の立ち上がりは無いので、デッドスペースは多め。

また、スカートが無いので冬は他のテントより若干冷えることが予想されます。

しかしテントでお金が浮く分、寝袋やマットを暖かいやつにするという事ができます。
1万円の冬用シュラフを4つ買っても、まだ他より安いです。

お金をかけずに、というブログのコンセプトにも合いますw

 

テンマクデザインのCIRCUS 440

画像はテンマクデザイン様より

フロア形状が正方形のワンポールテントです。

雨でも開放できるメッシュがありますし、サイドに70cmの立ち上がりもあり、デッドスペースが小さく居住性は一番良さそう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

tent-Mark DESIGNS CIRCUS 440
価格:86184円(税込、送料無料) (2017/8/24時点)

 

 

画像はテンマクデザイン様より

公式から借りたこの画像、こんな感じにして冬ごもりしたいのですよ。
端の方が低いので、もっと真ん中にテーブル置きます。
または、真ん中にストーブでそれを囲む感じですね。

 

このハーフインナーは別売りです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

tent-Mark DESIGNS circus440用インナーテント
価格:21600円(税込、送料無料) (2017/8/24時点)

 

このインナーも四角いので、コットを4人分、勢い余って5人分並べられます。家族が増えても安心です(増えませんが)。これは大きなアドバンテージです。

設営手順を説明書や動画で確認しますと、他のワンポールに比べ手間は少し増えますが、許容範囲内です。

 

定価だとテントとインナーで約10万円、還元セールか株主優待券を使うと15%~20%引きで購入可能。

参考リンク:キャンプ道具のお得な買い方まとめ!ブランド別おすすめ購入方法|Campout!? 様

 

WILD-1が楽天にもできたので、セールの時に安くなることを期待。

 

2017.10.18追記

結局CIRCUS 440を購入しました。

レビュー記事はこちら!
CIRCUS 440初張りレビュー

 

まとめ

デザイン、設営の簡単さ:キャンパルジャパン ピルツ19

価格の安さ:ノースイーグル ツーシーンワンポールテント500

居住性の良さ:テンマクデザイン CIRCUS 440

 

どれも一長一短で悩みますね~。

間を取ってウェザーマスターという選択になるかもしれませんw
ブログネタとしておいしいのは、CIRCUS 440ですね。
実際の使用記事を書いている方を見つけられなかったので。

他にも大きめの幕の中に、他のテントのインナーを入れてカンガルースタイルということもできますが…

サイズの収まりを考慮したりが面倒なので、今回は考えないでおきますw

カンガルーの場合はワンポールにこだわらず、ロッジ型のシェルターでも良いと思いますし。

 

どれを選んだ場合でもですが、調理スペースにするタープは別に用意するつもりです。

各テントのタープとの連結性も考えないといけませんね。

 

買うのは秋から冬頃だと思いますので、まだしばらく悩み続けます。

 

こちらをクリックして頂くと、

ブログ村ランキングポイントが入って喜びます。
↓↓↓

 

Sponsored Link