スポンサーリンク

アメリカ発・おしゃれにゴミを分別する高感度ダストバッグ

連休が終わって、なかなかエンジンがかかりません。

5月病ということは無いんですけどね。辞める会社も無いフリーランスですし。

こういう時はキャンプに行ってボーッとするに限るんですが、今の所予定はございません。

気候が安定してくれれば、隙を見てソロ出動したいですね。

 

さて今回は、先日フラッと行ってきたキャンプマーケットさんで購入したアイテムのご紹介を。

 

オレゴニアンキャンパーというブランドをご存知でしょうか。

 

 

アメリカ発、高感度キャンプギアを出しておりますメーカー様です!

高感度って何でしょうね、ちょっと気持ち悪い言い回しですね。

私の文章はキモいですが、ギアはかっこいいですよ。

私が購入したのは、こちら。

 

 

オレゴニアンキャンパー ジュートダストバッグ

 

 

ジュート麻のバッグ、3つセットです。

ゴミ袋が丸見えですと、キャンプに生活感が出てしまいますよね。

それを防いでキレイに見えるよー、映えますよーって道具です。

 

 

 

各バッグは面ファスナー(ベルクロ)でくっつきまして、分離も簡単にできます。

 

 

 

左からペットボトル、野菜&果物、ビンの絵が書いてあり分別できます。

これまでゴミ箱一つしか無かったので、ビンや缶が散乱しがちだったんですよね。

特に私は缶のビールやチューハイをよく飲みますので...

 

って、CANの絵が描かれたバッグが無いですが。

 

順番は自由に入替えられます。

まだ新しいので畳みグセがついてキレイに見えませんので、イメージ画像を。

画像出典:VIC2楽天市場様

 

 

真上から見た図。各バッグに取っ手が付いています。

3つ連結した幅が、ユニフレームのフィールドラックにピッタリです。

フィールドラックまじ万能。

参考記事:ユニフレームのフィールドラック万能説

[amazonjs asin=”B06W9FQF9L” locale=”JP” title=”ユニフレーム(UNIFLAME) フィールドラック ブラック 611616″]

 

 

フィールドラックに載せるだけだと、風で飛ぶかと思いまして。

 


100円ショップダイソーで、磁石を購入。

 

 

 

重ねた方が、磁力が強くなります。

 

 

 

ジュートバッグの底に置いて、フィールドラックと磁石でくっつけました。

強風だと飛びそうですね。

 

 

 

あと、バッグにはスナップボタンが付いておりまして、ビニール袋を挟めます。

汚れものを入れても大丈夫ですね。

ビニール袋は30Lぐらいがちょうどいいです。

 

 

 

さてジュートダストバッグの気になるお値段は少々お高め、3,000円ちょっと。

[amazonjs asin=”B074QN7N83″ locale=”JP” title=”ジュートダストバッグ (3個セット) OCB 701 トートバッグ ゴミ入れ (#927059 オレゴニアンキャンパー)”]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オレゴニアンキャンパー Jute Dust Bags [ OCB-701 ]
価格:3132円(税込、送料別) (2018/5/11時点)

 

 

ジュート素材シリーズは他にも、炭入れやランタンケースなどがあります。

 

[amazonjs asin=”B079WTTQR7″ locale=”JP” title=”(オレゴニアンキャンパー)Oregonian Camper ジュートキャリオール XS-LONG ランタンLONG”]

 

適当に貼ってみましたが、缶は無い模様です。

これがドリンク類の絵なので、近いかもですが...

[amazonjs asin=”B074QL5M8H” locale=”JP” title=”ジュートキャリーオールバッグ (Sサイズ) OCB 702 BEVERAGE (#927060 オレゴニアンキャンパー)”]

 

 

ベルクロが付いて連結できるのは、ダストバッグ3つセットのものだけです。

 

そのうち実際に使っている画像を載せたいと思います!

缶を絵が一致しない野菜のところにたくさん入れてやりますよ!

 

 

こちらをクリックして頂くと、ブログ村ランキングのINポイントが増えます。
今後も応援のほど、よろしくお願いします!
↓↓↓

 

Sponsored Link