スポンサーリンク

スーパー野クルレッド寝袋・イスカアルファライト1000EX

2018-02-19

週末は、若洲海浜公園キャンプ場に行ってきました。

キャンプレポは後ほどゆっくり書きます。

 

以前購入していて、今回使ってみた道具のレビュー。今回は寝袋、シュラフです。

 

イスカ アルファライト 1000EX

画像はISUKA様より

うちの奥様がアニメのゆるキャン△を見て、野クルレッドになるべく購入した赤い化繊シュラフです。

購入記事:ゆるキャン△に影響されてシュラフをポチる

 

しかし初使用は中2の長男でしたw

使用限界温度はマイナス12℃ですので、日本国内のキャンプ場であればどこでも大丈夫ではないかと思われます。

 

コットの上に銀マット、その上にシュラフです。

この組み合わせで結露したので、次回は違う敷き方にしてみます。

 

冬期の中級山岳や残雪期の3000mクラスに最適のモデルです。3デニールと4デニールの中空ポリエステルを組み合わせた高機能保温材の「Micro Lite™」を使用し、一般的な化繊モデルと比較して軽量・コンパクトで、保温性にも優れています。

ISUKA公式サイトより引用

 

出典:Amazon

化繊の冬用としては、コンパクトな部類に入るんでしょうね。

ダウンシュラフ派からすると、コンパクト?コレで?wwww
という感覚でしょうけど。

オートキャンプなら、苦も無く運べるレベルです。

 

 

背中側は黒、全体は赤という配色は、本家の野クルレッド・なでしこちゃんと同じです!

参考画像、ゆるキャン△第7話より あfろ・芳文社/野外活動サークル

アニメでは確かPOLAR BEARという5,000円弱ぐらいのを買ってましたので、架空の中華ブランドだと思われます。

近そうなやつ↓

 

耐久性は不安が残りますけど、年に数回使うぐらいならこのぐらいでも十分だと思います。

 

 

さてイスカのアルファライト1000EXですが、長男氏に感想を聞くと。

私「朝かなり冷え込んだけど、寝袋どうたった?」

長男「暖かかった。」

私「それだけ?」

長男「それだけ」

 

ちょっとお話にならないレビューですが、中学生男子なんてこんなもんです。
補足追記します。

 

私が家で短時間使ってみた感想ですと、顔だけじゃなく首元もドローコードで絞れるようになっており、肩口の保温に役立ちます。

 

 

また、ファスナーの部分はドラフトチューブが中に縫い込まれており、閉じると外気の流入を遮断してくれます。

 

普段封筒型を使っているとちょっと窮屈さは感じますが、その分暖かいです。
170cm60kg・中肉中背の私でも狭く感じるので、ガタイのいい方はかなり狭く感じると思います。

 

一番のポイントですが、このキャンプで夜間暖房を消した際に、銀マットと寝袋は結露で濡れていました。
しかし寝袋は朝まで変わらず暖かいままだった、と。

 

さすがイスカさん、本家の野クルレッド超えの戦闘力。
スーパー野クルレッドですね。

アルファライト1000EX!って名前も、必殺技みたいでかっこいいです。

 

もうメーカーでの今シーズン分は出荷終了しているので、今出ている分で最後です。

 

2018/11/29追記

私が使っているレッドは昨年までのカラーで、今季モデルはマルベリーに変更されています。

光沢が無く若干ピンクがかった感じです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イスカ ISUKA アルファライト 1000 EX レッド[2/23 13:59まで ポイント10倍]
価格:18900円(税込、送料無料) (2018/2/19時点)

 

アフィリエイト的には高い方を買ってくれた方がありがたいですが、アニメを見てキャンプやってみよう!と思ったぐらいの方でしたら、もっと安いモノで試してみる事をおすすめしますw

災害時などの防災用、布団で子供がおねしょしてしまった時の非常用、急な来客用などに使えるので、良い寝袋は無駄にはなりませんけど。

 

ダウンに比べるとかさばりますが、性能的には十分です。

多少濡れてもOKな冬用化繊シュラフ、おひとついかがでしょうか。

 

 

こちらをクリックして頂くと、ブログ村ランキングのINポイントが増えます。
応援のほど、よろしくお願いします!
↓↓↓

 

Sponsored Link