スポンサーリンク

脱プラスチック感!SOTOスライドガスマッチの簡単カスタム

2017-12-02

前回は、WILD-1の割引クーポンを使うために1万円の買い物をしていましたが。

1万円を達成したのに、少し超えてまで小物を買っていましたw

 

SOTO スライドガスマッチ ST-407LV

キャンパーさんの間では、SOTOスライドガストーチと並んで定番アイテム。

ガストーチとは違い、ターボライターみたくなっていないやつです。

フジカハイペットやハリケーンランタンの着火用ですね。
ターボの方だと、芯の耐久を削りそうじゃないですか。

 

あと、ターボライターはウインドミルを愛用しているので、既にあるんです。

参考記事:タバコは悪という風潮の中で、オススメのライター。ウインドミルAWL-10

ちなみにこちらの記事ですが、びっくりするほどアクセス数が少ないですww
ウインドミルいいのにな~。

 

気を取り直して商品紹介。

こんな感じで火口が伸ばせるのが特徴です。あとはガスを注入できるところ。
他は、普通のチャッカマンと変わりないです。

右下の小窓からガスの残量が見えます。

 

火口は伸ばさずに縮めた状態でも使えます。

着火ボタンを横から押すとロックがかかる機構付き。

とまぁ、実用品としては申し分無いんですけど。

 

握った感じ、プラスチック感全開。ボディーにバリがあり、かなり安っぽいですw
便利なんですが、道具としての魅力はあまりの安っぽさに半減です。

SOTOさんで耐久性とコストのバランスの取れるのがコレだったんでしょう。
その結果ベストセラー商品になっていますし。

使い捨てじゃない商品なので、長く使えるのがいいところなんですが、
そのたびに「プラッチック全開やんけ…」と思うのは切ないです。

 

カバー、カースを革で自作したりされている方もいますし、商品として売ってもいますね。

こんなにオープニングからエンディングまで全編通してプラスチックだとは思わなかったので、最初にケースを作った人の気持ちが良く分かります。

 

オサレだし使いやすそうだけど、高っ。

何かいい感じに流用できるものが無いか、探してみまして...

 

こんなのを使ってみました。

迷彩布テープ

使用方法は、貼るだけ。

 

こいつを巻くことによってガスの残量は見えなくなりますが、火が出なければガス入れたらいいやってことで。

クルクル巻いて、端を処理して...

 

バーン

近くで見たら汚いんですけど、遠目からなら大丈夫でしょうw

何より本体を握った時のプラスチック感が軽減されます。

火口近くには貼れないので、マジックなどで塗りつぶしてもいいですね。

 

ガス注入と、火力調整ができるようお尻の一部を切っています。

ストラップも付けられます。

 

そしてテンマクデザインのキャンプエプロンにくくってみたり。
ストラップはカールコードのようなもので、びよーんと伸びます。

 

ストラップを引っ張って、こんにちは!

 

 

まとめ

今回使ったのはこちらです。

 

本体色が黒のがあれば、そちらの方がしっくり来そう。

 

 

他にも色々使えるカモしれません。カモだけに。

耐火性は無いですが、火バサミやハンマーの柄なんかにいいカモ。

カモだけに(しつこい)

 

 

ストラップはコレです。本来はピストルの落下防止コードなので、とても丈夫です。
色は黒とか緑もありますよ。カモもあるカモよ。

 

この2~3日タバコを吸う時に使ってみましたが、悪くはないです。

私のような面倒くさがりでもできる、簡単なカスタムでした。

 

 

こちらをクリックして頂くと、ブログ村ランキングのINポイントが増えます。
応援のほど、よろしくお願いします!
↓↓↓

 

Sponsored Link