スポンサーリンク

耳まで綴じれるベルモントのホットサンドメーカーレビュー

GW真っ只中ですが、絶賛引きこもり中です。

外出の自粛・我慢と言うか、出なきゃ出ないでやることは結構あるので…

 

さて本日もまた、家でも遊べるキャンプ用品の紹介を。

ホットサンドメーカーです!

 

ベルモント ホットサンドメーカー

金物の街、新潟県三条市のベルモントさんのホットサンドメーカーです。

型番はBM-034。

これまでもホットサンドメーカーは使っていたんですけどね。

買い増しです。

 

前から使っているのは、プレーンなホットサンドメーカー。

焼き目などがつかないタイプです。

軽量で、分離してフライパンにもなります。

購入したのは5年以上前で、今見ると焼き目なしタイプはもう売ってないのかもしれません。

 

左がヨシカワ、右がベルモント。

大きさもベルモントが若干大きいです。

 

ベルモントのホットサンドメーカーを細かく見ていきましょう。

アルミ合金製で、ずっしりとした重みがあります。

サイズは16×37.5㎝、重量785g。

前のやつは380gしかないので、倍以上重いんですね。

 

重いのは金属部分の厚みが違うからです。

とはいえ、鉄製のホットサンドメーカーになると1.5kgぐらいあるので、それに比べれば軽いですw

 

パッカーンと開いたところ。

これ以上は開かず、手を離しても反対側には倒れません。

具材を挟む時には重要ですよね。

フッ素加工がされており、汚れが落ちやすくなっています。

 

焼面の内側には、皆さまご存知「いたずらフィッシュ」があしらわれております。

釣り針にイタズラをしようというところでしょうか。

釣り人と魚の命のやり取りの場面ではあるのですが。

 

反対の焼面には、こちらも大人気の「寝袋親子」

コケシに見えなくもないですね。

首都高C1をよく走る方にはおなじみの、不二ラテックスビルにも見えます。

参考画像

しかしベルモント公式サイト「寝袋親子」と書かれておりますので、誰がなんと言おうと寝袋親子です。

 

世の中に多数のホットサンドメーカーがある中で、なぜあえてベルモントを選んだか。

従来のホットサンドメーカーではできなかった耳の圧着ができるから、というのが最たる理由です。

それと並んで、謎キャラたちに惹かれたというのも大きな理由です。

 

今回のホットサンドメーカーも、上下分離可能です。

これができると目玉焼きやウインナーなど、ホットサンドのおかずも焼けます。

分離できないよりできた方がいいと思いますね。

 

早速焼いてみました。

食パンは8枚切りがちょうどいいと思います。

 

耳の部分は熱が入りやすく、焦げてますね。

このぐらいは許容範囲ですが。

いたずらフィッシュはギリギリ魚とわかるぐらいです。

 

反対側もちょっと焼きすぎてしまいました。

ランタンは何か分からず、寝袋親子はよりコケシ感が増しました。

 

耳が圧着できることで、中の具材がこぼれにくいです。

味はもちろん変わりませんが、今までのホットサンドメーカーで作ったものより格段に食べやすいです。

金属が薄い分、ヨシカワのホットサンドメーカーの方が早く焼けます。

ベルモントの方も一度温まってしまえば連続で焼けますので、使い方次第です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アウトドア BBQ キャンプ Belmont ホットサンドメーカー BM-034 調理器具 ベルモント 送料無料
価格:3942円(税込、送料無料) (2020/5/3時点)

楽天で購入

 

 

具材をたくさん挟んでも、こぼれにくく食べやすい。

プレーンなものに比べ、ちょっとお値段は張りますが良いものでしたよ!

 

 

Sponsored Link