スポンサーリンク

話題の?韓国からケトルが届いたよ

2019-08-03

日韓関係がかつてなく悪化している今日この頃。

こんな書き出しですが、政治的な話をするつもりは一切ございません!

意見や思想とかが無いわけじゃなく、ここが語る場ではないので。

キャンプ絡みの話しかしない、それがこのブログの長所?です。

 

そんなわけで今回は韓国から届いたキャンプギアのご紹介です!

 

Life Sports ステンレス やかん600ml

こちらの小さいケトル、やかんです!

パッケージを見て、どこかで見たような?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

既に廃盤となってしまった、ユニフレームのチタンケトル。

 

これにそっくりですよね。一部では2万円という高額で取引されております。

素材がチタンとステンレスと違うほか、フタのつまみ形状なんかも違いますが、フォルムはほぼ同じです。

もしかして、韓国が起源なんでしょうか。

...ないですよね。

 

箱の裏にはハングル文字で色々書いております。

まったく何が書いてあるか分かりません。

ギリギリでMade in Koreaだけは読めます。

 

メッシュの収納袋が付属します。

吊り下げて乾かすのにいいんですよね。

 

丸っこいフォルムは、かわいくて悪くないですよね。さすがユニフレーム!

折り畳みハンドルには黒いゴムチューブが巻いてあります。

ゴムと書いたのは決して間違いではありません。耐熱性の高いシリコンじゃないんです。

なので普通にガスコンロで使っていて、1回で溶けました。

この状態で溶けると取っ手同士がくっつくので、さっさと外した方が幸せです。

 

底の加工がちょっと変わっていまして、つばがある感じです。

この形は、炎を逃がしにくい効果があると思われます。

入る水の量も少ないですし、お湯が沸くまでの時間はけっこう早いです。

 

収納サイズはハンドル部分も含めると、直径14cmぐらい。

高さは6cm。容量は600mlとありますが、満水容量です。

注ぎ口が鍋肌に空けられたただの穴なので、沸騰した際に吹きこぼれます。

400mlぐらいが、ギリギリ吹きこぼれません。

それでもちょっとだけ吹きこぼれます。

 

なんでそんな使いにくそうなの買ったんだwwという読者さまの嘲笑が聞こえてきそうですね。

もちろん、ちゃんとした理由がございます!

 

ソロキャンプで使っております、トランギアのビリーコッヘル1.0L。

これにスタッキングできる小さいケトルが欲しかったんです。

内径が15cm以内、高さ6cm以内のケトルってなかなか無いんですよね。

 

普通にしまうと、フタが干渉して最後まで閉まらなかったんですけどね。

ビリーコッヘルのフタの真ん中がくぼんでいるゆえの悲劇です。

ケトルのフタを外して、隙間に立てると閉められました。

ちょっとカタカタ言いますので、付属の収納袋を使ってもいいかと。

これすらできないとけっこう悲しかったですが、なんとかなって良かったです。

 

使用レビュー

急いでいて家で使った時の写真を撮り忘れてしまったので、キャンプで使ってから追加します。

 

先ほども書きましたが、容量400mlはけっこう少ないです。

かといって500ml入れてしまうと、一応入りますがすぐこぼれます。

400mlはちょっと大きめのカップ麺、ペヤングGIGAMAXなどでは全然足りません。

 

ハンドルのゴムは無いほうがマシなので、シリコンに取り替えました。

 

単なる穴と評した注ぎ口ですが、綺麗な放物線を描きながらお湯が注げます。

これはいい方向に予想を裏切られました。

もっと四方八方に飛び散りながら出ることを覚悟していたので。

 

韓国ギアとはいえ、あちらの国のサイトに行くことなく日本のAmazonで買えます。

なので日韓関係がこじれまくっても安心。

輸出管理が厳しくなっても、ヤカン程度が影響を受けることは無いでしょう。

もし買えなくなったとしても、それはそれで諦めがつきますw

スタッキングのためにサイズで選びましたけど、3,600円あればもっといい物買えますからね。

むしろビリーコッヘルごと諦めたほうが良いと思います!

 

 

↓↓↓

Sponsored Link