ヒマラヤセールでリベンジ達成!サーマレストのマット購入


数日前のヒマラヤセールで自分の買い物ができず、モヤっていましたが。

まだセールは終わっていませんよ!

というわけで、買ってきましたよ~

 

サーマレスト Zライト ソル

 

言わずと知れた?高級な発泡マットのベストセラー商品です。

安売りされることは、ほぼありません。これも標準価格から20%オフです。

1万円しないものではありますが、鹿番長の似た商品が2,000円ぐらいで買えることを考えますと「高級」と言っていいですよね?

 

 

 

この発泡マットですが、寝心地という点ではインフレーターマットの方が良いと思います。

ちょっと昼寝してみた感じでは、狭さは感じるものの問題なく快適に眠れました。

個人差ありますが、疲れていたり酔っ払っていれば冷たいコンクリの上でも寝られますからね。

 

長さは130cmのスモールと180cmのレギュラーの2種類ありますが、当然レギュラーサイズを選びました。

スモールサイズはどういった状況で選ばれるんでしょうか。

荷物を極限までコンパクトにしたい時、でしょうかね。

登山だとバックパックなどを枕に使って、マットをできるだけ小さくするという理論があるんですよね。

 

画像はモンベル様より借用しました。

キャンプならレギュラーで良いと思います。

 

 

 

このように折っても使えるので、座布団がわりにもなります。

銀色の面がアルミ蒸着面ですので、冬は上向きに使うことで体温を反射し暖かく。夏は下向きにセットして、地熱を反射し涼しく。という理論です。

真夏はどっち向きで使っても暑そうです。

 

 

 

横幅は51cmと、けっこう狭いです。

170cm60kgちょいの私が上を向いて自然な体勢で寝ると、肘がはみ出てしまいました。

身体の大きな方や、アメフト選手なんて余裕で肩もはみ出ると思います。

寝袋に入っていれば、肘に体重がかかることは無いと思いますので寝れると思いますが。

寝相の悪い方も注意ですね。

 

 

画像出典:株式会社モチヅキ様

 

上の画像では、岩の上でのヨガマットにも使ってらっしゃいますね。

自然の中でヨガをしたいという人は、意外と多いんじゃないかと思います。

インフレーターマットなどですと、体重が一点にかかるような運動はダメですが、こういった発泡素材のマットなら大丈夫。

 

 

このマットを選ぶ最大のメリットは、展開と撤収の速さだと思います。

空気を入れて膨らませたりする時間が無く、広げれば使える。

畳んで座布団代わりに使って、眠くなったら広げておやすみなさい。

その変形に要する時間、わずか数秒ですよ。

撤収時はパタパタと折りたたむだけ、何のテクニックも不要です。

丸めるロールタイプよりも簡単で、誰でもできます。

 

 

楽天の方が 収納するためのスタッフサック付きで良いかな?

Amazonで同様のスタッフサック付きは、送料がかかりました。

 

 

 

以前100円ショップで買ったゴムバンドで止めてみました。

両端を抑えた方がキレイに畳めそうなので、もう1本買います。

それほどコンパクトに収納できるわけではないんですが、とっても軽いので持ち運びも苦にならないかと。

 

オートキャンプだと収納性はそれほど重要ではありませんが、展開と収納が速いのは嬉しいところです。

次回のソロキャンプで、実際に使ってみたいと思います!

 

 

こちらをクリックして頂くと、ブログ村ランキングのINポイントが増えます。
今後も応援のほど、よろしくお願いします!
↓↓↓

 

Sponsored Link



4件のコメント

  1. こんばんは~

    おー、いかれましたか!。
    これ気になってるんですよね。
    自分も買うとしたらレギュラーだなぁ。
    寝心地も悪く無さそうだし。

    インフレータブルも気になるし、
    迷うなぁ~。

    決め手はやはり「展開と撤収の速さ」ですか?!

    1. こんばんは(^^)コメントありがとうございます。

      20%オフのうちに、いっちゃいました!
      寝心地は悪くないですね、さすがベストセラーですw
      限界まで荷物を切り詰める必要が無ければ、絶対レギュラーがいいですよ。

      インフレーターマットも寝心地は問題無く良いんですけど、
      膨らませる時間、畳む時間はこいつにはかないませんね!
      幅が狭いので、ゆったりしたい時はもう少し広いマットの方がいいですねw

  2. おはようございます!

    撤収楽なの良いですよね~インフレータブル、空気抜きながら丸めなきゃならんですもん
    シュラフとマット、丸めるの 夏は結構汗かきそうです(^-^;
    道具にしても、効率にしてもキャンプって奥が深いな~とより思います

    このワンセットで全て賄う!って中々難しいもんですね
    色々考えるのもストレス発散になりつつあるので
    それも楽しみの一つですが(^^♪

    1. こんばんは、コメントありがとうございます!

      一人だけなら、インフレータブルでもいいんですが
      家族分を膨らませたり、畳んだりはけっこう手間ですよねw
      真夏の撤収は汗だくですね!

      キャンプに行けないと、物欲を発散しようとするのが困りものですね~
      行ったら行ったで、あれもあると便利かも!みたいな考えになりますがw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。