スポンサーリンク

Olightランタン新製品・Obulb(オーバルブ) 55 lumensのレビュー

Olightさんで新商品のランタンが出ましたので、レビューさせていただきますよ!

今回は電球型のかわいいランタン。

OBULB(オーバルブ)です!

※PR記事になります

 

Olight セール情報

いきなりですがお得なセール情報!

Olight公式ストアのクリスマスセールが、2020年12/13(日)20:00から12/17(木)24:00まで開催されます!

全商品20%~40%オフとなるお得なセールです。

オーバルブ販売ページ

今回の記事で紹介するObulbは30%オフで、3色セット品だとさらにお得に。

それではレビューをどうぞ。

 

Olight Obulb 55 lumens

電球のような丸い形状のランタン。

これまでのオーライトにない商品ですね。

スペックはこちら。

明るさ 55lm~3.5lm
ランタイム 2h~56h
LED色 暖色
重量 55g(電池を含む)
サイズ Φ54×48mm
耐衝撃 1.5m
防水性能 IPX7
電池 630mAh 3.7Vリチウム充電式電池
付属品 Obulb x 1(電池含む)
MCC1充電ケーブル×1
金属製粘着バッジ×1
取扱説明書×1

小型計量で、防水耐衝撃。

ランタイムはちょっと短めですね。

表にはない特徴として、水に浮きます!

水の上で使っても、沈んで無くしません。

 

手に持つと、こんな小ささ。

モンスターボールより小さいです。

 

すっぽり収まってしまいます。

特に私の手が大きいということはなく、一般的な成人男性サイズですよ。

重さも55gと計量なので、携帯しやすいです。

 

マグネット式充電ケーブルがくっつく底面です。

オーライトの他のフラッシュライトと共通のMCC充電ケーブルが使えます。

本体側にマグネットが入っているので、あちこちにくっつけて使えます。

 

この底面にスイッチがありまして、押し込むと点灯・消灯を切り替え。

長押しで点灯モードを切り替えられます。

3.5lm→55lm→赤色7lm→赤色点滅の4種類。

 

付属品は充電ケーブルと、金属製オーライトバッジ。

バッジは何に使うかと疑問でしょうか?

 

バッジの裏面に粘着テープが付いています。

これによって木やプラスチック、陶器タイルなど、通常では磁石がつかないところにもオーバルブが付けられるように!

キャンプシーンですと、木材ラックや樹脂製収納ボックスのフタの裏。

明るかったら嬉しいところにライトが付けられてしまいますね。

 

OBULB 明るさテスト

 

明るさを誇る製品ではありませんが、一応明るさのテストを。

55ルーメンのHighモードは、ソロキャンプで1人の周囲を照らすには十分な明るさです。

光は底面以外の全方位に広がります。

温かみのある電球色で、雰囲気も良いですね。

ランタイム2時間はちょっと短いので、一晩もつぐらいは欲しいところ。

 

地面に置いているので差が分かりにくいですが、3.5ルーメンのLowモード。

カメラが勝手に明るさ補正して、それなりに明るく見えてしまってます。

常夜灯にちょうどいい明るさで、これなら56時間点灯可能。

 

そして赤色点灯。点滅にもできます。

キャンプなどのアクティビティじゃなく、注意を促す箇所に置いておく感じですね。

点灯で7時間、点滅で30時間のランタイム。

 

テントのスチールボールにくっつけてみました。

広がりがあり、十分な明るさ。ソロキャンプには十分です。

夜寝る時にはLowで常夜灯にして、朝までしっかり点灯してました。

 

購入情報とまとめ

Olight公式ストアのクリスマスセールが、2020年12/13(日)20:00から12/17(木)24:00まで開催されます!

全商品20%~40%オフとなるお得なセールです。

オーバルブ販売ページ

今回の記事で紹介したObulbは30%オフで、3色セット品だとさらにお得に。

確かに1つより3つぐらいあった方が便利な気がします。

単純に予備としてだけじゃなく、ファミリーキャンプですとあちこちに置いたりくっつけたりして、サイト全体を明るくできますので。

まぶしすぎず、複数並べてムーディーな感じにもできます。

 

防水で小型軽量、電球色で充電式のLEDランタン。

扱いやすくてキャンプにも良いですが、もう少し電池のもちが長くなると最高です!

キャンパーはこっち方向の商品大好きですので、今後も期待しています。

 

 

Sponsored Link