スポンサーリンク

【閲覧注意?】Goal Zero Lighthouse Micro flashを個人輸入してリフレクターを付けた

世間は4連休ですが、皆様お楽しみでしたでしょうか。

私は混雑を避けて、特にどこにも行っておりません!

観光地にも人出が戻っているようですね。

 

さて本日は、GOAL ZEROのLEDランタンとそれに付けるリフレクターです。

人気があるので、持っている方も多いですよね!

Goal Zero Lighthouse Micro flashランタンとリフレクターの記事を見たくて訪問された方には、途中変な方向に脱線してしまうことを先にお詫びしておきます。

 

さてこの小型LEDランタンですが、転売で価格が吊り上げられていましたが、最近はちょっと落ち着いた感があります。

 

送料込み4,000円台前半が適正価格ですよ。

正規ルートの入荷があると、ショップ店頭にも並びますね。

 

私が購入したのはアメリカのAmazon.comから。

充電可能なRECHARGERモデルです。

正式名称はGoal Zero Lighthouse Micro Charge Flashlight, Lantern and USB Recharger。長い。

買い方はブログ友達のすずパパさんが詳しく書いていらっしゃいますので、こちらを参考にしてくださいw

私が購入した時のレートですと、送料込みで総額4,237円でした。

 

RECHARGERモデルも普通のと大して変わらず、本体がちょっと長くて外部機器を充電できるというだけです。

正面下部についているUSBポート、ここから5V1Aを出力できます。

おそらく私は充電機能は使わないと思うのですが、手持ちのバッテリーが無い状況でスマホを充電したい時などには役立つかもです。

1Aだと時間もかかるので、緊急用ですね。

 

上部にはフラッシュライトも付いています。

どうです、この粗さ。7,000円も出すような作りの物じゃないでしょう?

転売価格で買うぐらいなら、アメリカから買ってください。

 

私はヘッドライトなどを使うので、このフラッシュライトは全く使っていません。

ほとんどの人はランタンだけで使っているんじゃないでしょうか。

もちろんキャンプ場でトイレに行く時など、役立つとは思います。

 

臭いもおそらく変わらないでしょう。

もしかするとRECHARGERの方が臭いかもしれませんが、人間には分からない程度です。

軽量コンパクトで充電式、これは人気が出るのも納得です。

 

直径はmicro flashと同じ37mmです。

今日はここに、リフレクターを付けていきますよ。

 

使うのはこちらの、UCOのフラットリフレクター。

その名の通り、平べったくなるリフレクターです。

本来はUCOのキャンドルランタン用ですね。

 

平べったいので隙間に収納できますが、エッジが鋭くコンパクトでもないです。

値段はそんなに高くないので買いやすいですね。

 

リフレクター中心の穴の径は45mmほどですので、37mmのランタンは通り抜けてしまいます。

 

隙間が1cmぐらいですね、ここをどうにかして埋めてあげましょう。

 

私はいきつけのホームセンターで見つけたトイレ用パッキンにしました。

外径55mm、内径34.5mm。

ちょっと厚みのあるゴムやスポンジにカッターで切れ目を入れて、リフレクターの内側に差し込んでもいいかも。

熱くならないLEDランタンならではですね。

 

GOAL ZEROのフックを上に持ち上げて、パッキンをはめます。

ギュッと押し込むと、さして力も要らずにハマります。

 

あとはリフレクターを組み立てて、上に載せるだけです。

パッキンを半分に切って、リフレクターに接着してしまってもいいかもしれません。

 

横から見た図。載っているだけですが、意外とズレません。

ゴムの摩擦力、侮れませんよ。

強風だとダメでしょうね。

 

実際に長瀞オートキャンプ場で点灯してみました。

ってちょっと待ってください?

 

写真左上の、他のサイトも何もないところで何か光っているんですけど!?

明るすぎて照明に見えなくもないですが、対岸にも木しか無いはずです。

 

昼間に同じ方向を撮った写真です。

右の方には建物も見えるんですが、左の方は木が邪魔で見えなかったはず。

 

こっちの方向には川しか無いし、雨の夜なので川に入っている人も居ません。

今気づきましたよ...

 

荒川は水難事故が多いので、何か写っていたとしても不思議は無いです。

こんなに明るく写るもんですかね?やはり対岸の人工物でしょうか。

道路があるので、木の隙間から車のヘッドライトが漏れただけかもですね!

その割に位置が高すぎるような気もしますが、気のせいでしょう。

「あーそれは本物ですねー」などのコメントは不要です!

 

えー、気を取り直して...

リフレクター無しですと、光は全方向に広がります。

まだその写真使うのかよ、と思うかもしれませんが、写真はもうこれしか無いんです。

諦めてください。

 

リフレクターを付けた写真。

横方向への光の拡散が抑えられ、主に下方向を照らすようになります。

周りのサイトに迷惑をかけずに済みますね。

ランタン左上の方の闇の中で、目のように光る2つの点が映ってます。

リフレクターを付けて光は届かなくなっているので、何も反射することはないはずですし位置的に川の中ですが。ハハハ。

 

ランタン下の地面の様子、1枚目がリフレクター無し、2枚目がリフレクター有りです。

黒いのはランタンの影です。

リフレクター有りの方が、地面が鮮やかになっていますよね。

ランタンの下方向を明るくする効果もあります。

無くても十分明るいと言えばそうなんですが、

 

まとめ・単体でも十分な性能だけどリフレクターがあると更に良い

途中あらぬ方向に脱線してしまい、大変申し訳ございませんでした。

しかし気付いてしまった以上、黙っていることはできませんでした!

記事のまとめとして、GOAL ZERO micro flashランタンの明るさはリフレクターが無くても十分明るいです。

周囲のサイトに光を届かなくするという点で、あった方がいいですね!

何か変なものを照らしてしまう効果は、人や場所にもよるかと。

謎の光は何なのか気になるので、遠くないうちに再訪問して確認してきます。

 

 

Sponsored Link