スポンサーリンク

テントの出入りの時に靴の脱ぎ履きが楽になる!メレル ハットモックのレビュー

長い新型コロナ自粛も終盤に来まして、6月です!

どうなるか分からずキャンプ場の予約を取れずにいましたが、東京の場合6月中旬以降は県外も問題なく行けそうな感じです。

 

本日は靴のレビューです。

 

メレル ハットモック(HUT MOC)

モックと言えばメレル。メレルと言えばモック。

個人的に思っているだけですが。

これまでメレルのなんとかモックだけで4~5足ぐらいは履いていますので、まぁお気に入りということです!

今回のハットモックは2019年の新商品です。

全7色となかなか豊富なカラー展開で、私はオリーブにしました。

両足で約360gとかなり軽量なので、キャンプ目的地でゴツい靴から履き替えるのもありかと。

 

TEVAのエンバーモックという靴が2年ぐらい前に話題になってまして、それと似たようなコンセプトの商品ですね。

 

エンバーモック、ハットモックともスリッポンのような使い方、かかとを踏んでサンダルのような使い方の2種類の履き方ができます。

どちらも靴の甲がキルティングで、かかとが柔らかい素材。

エンバーモックは甲にニットが付いている分、冬に暖かそうな気がします。

メレルのハットモックも夏は暑そうですので履かないと思います。

 

靴底はEVA。最近の軽量シューズに多いですね。

軽くて柔軟性がほどほどにあり、耐久性もそこそこある素材です。

キルティング部分はナイロンなので、焚き火の火の粉が飛んだら溶けます。

 

こちらが柔らかくて踏めるかかと。

オレンジ部分はゴムではなくマイクロファイバーで、伸縮性はありません。

足へのフィットは、甲側左右にあるゴムで行っています。

TEVAのエンバーモックは逆にかかと側が伸びるので、全く違いますね!

さらに後ろに少し立ち上がりがありまして、踏んで履いてもそこそこホールドします。

 

靴がオリーブ色の場合、ステッチはオレンジ色です。

他の色の場合はまた違う色で、いいデザインですね。

 

甲にループがあって、吊るせるようになっています。

乾かす時に使うぐらいですね。

 

裸足で履いたので、かかとが少し余っています。

幅が2Eで少し狭め。これはメレルの靴全般がそうですが。

私の場合は幅に合わせて28cmなんですが、爪先はけっこう余ってます。

(普段スニーカーは27.5cm、メレルジャングルモックは27cmを履いています)

それでもピッタリフィットしていて、歩きやすいです。

この形で履く時は、かかとが柔らかいので踏まないよう指でガイドしつつ履く必要があります。

 

かかとを踏んで履く、サンダルモード。

履く時に手を使わないと、自動的にこうなります。

中に折れたマイクロファイバーが少し段差になっているので、人によっては気になるかも?

私はこの状態で長時間歩いていないものですから、特に気になりませんでした。

 

踏んでも履いたところを横から。

キャンプでインナーテントと外を頻繁に出入りする時、靴の脱ぎ履きが楽なんですよ。

ちょっと外に置いてある荷物を取りに...という時など、いちいち靴を履くのが面倒に感じる時はないですか?

ソロキャンプではあまり無いかもで、ファミキャンの時のお父さんお母さんならあるある!かと。

かかとを踏んだ状態でも甲側のゴムがしっかり足をホールドして、さらにかかとの後ろに立ち上がりがあるので、そうそう脱げそうになることはないです。

 

その分、かかとを踏んだ時の開放感と脱ぎやすさという点ではTEVAのエンバーモックの方が上です。

歩きやすさ、脱げにくさではメレルの勝ちですね。

 

軽量な分、底はあまり厚くなく石を踏めば形を感じられるほど。

ただし石が足裏のツボを刺激し痛むようなことはなく、普通に歩けます。

これで岩場を歩くことはないから、一向に構いません。

 

実は以前もワークマンで似たような靴を購入していました。

記事にするのを忘れていましたが...。

「防寒トレッドモック」という商品名で、なんと1,500円。

見た目はTEVAのエンダーモックそっくりですが、それは言わないお約束。

これも安い割にはキャンプの時に便利で、子供や奥様もトイレに行く時に「借りるね~」と履いていました。

実用的には十分なんですが、細部を見るとやはり値段なりの安っぽさはあります。

その点メレルのハットモックは、縫製などしっかりしていますね。

 

とりあえず2Wayモックを試したいならワークマンでも。

試してみて良いじゃん!となったら、メレルも気に入るはずです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メレル(MERRELL) ハット モック 17125 OLIVE (Men’s)
価格:7590円(税込、送料無料) (2020/6/1時点)

楽天で購入

 

 

ワークマン1,500円と書いた直後にアフィリエイトを貼るのもどうかと思いますが、貼りました。

既にワークマンの防寒トレッドモックを持っている私が、ハットモックを追加購入した。

その事実もぜひご検討頂ければと...w

記事公開日の2020年6月1日23時59分まで、色によってはAmazonで15%オフが適用されます。

 

メレルのハットモックは防寒などを謳っていませんが、そこそこ暖かそうです。

夏には暑そうなので、あまり履きたくないですね。

脱ぎ履きが楽で、デザインも格好良い。

メレル好きとしては抑えておいて損はなかったと思います!

 

 

Sponsored Link