スポンサーリンク

黒船きたる!グリルプレート黒舟

2019-01-21

土日は久々に風邪で寝込んでおりました。

寝ているだけの週末でしたので、今回はキャンプギアを家で使うシリーズです。

 

今回のキャンプギアはこちら!

 

 

グリルプレート黒舟

 

スター商事さんの、グリルプレート黒舟。舟の字が船の「黒船」と表記されているサイトが多いんですけど、正式には舟だと思われます。

箱に書いてある表記が舟だったので。まぁどっちでもいいですね。

黒船だとペルリが乗ってて武力を背景に開国を迫ってきそうな圧力がありますが、黒舟だとボートっぽいですよね。

ボートが来たところで開国する幕府は無いでしょう。

 

 

一見すると鋳鉄製のような黒光りをしていますが、アルミにテフロンコーティングです。

なので洗剤で洗えますし、シーズニングなども不要です。

これは鋳鉄マニアの方もいるので、好き好きでしょうね。

サイズは2種類、Mが21.7×14.3×3.5cm。私が買ったのもこれです。

Lサイズは23.3 × 16.5 × 3.8cmと、2cmぐらいしか違いません。

 

 

 

 

吊り下げできる取っ手が付いています。

冷えた状態なので手で摘んでいますよ。

 

 

 

 

裏面には足が付けられており、網やゴトクなどに載せた際にも滑り落ちにくくなっております。

アウトドア用コンロにはゴトクが滑りやすい物もありますので、ありがたいですね。

溝はけっこう深めで、テンマクデザインの男前グリルより深いです。

 

 

 

 

もちろんストーブに載せて使うことも可能。

フジカハイペットに載せても、ちょうど良いサイズ感です。

笑’SのB6君にジャストフィットするようですが、持っていないのでコメントは控えます。

油ものだとストーブが汚れると思いますので、そこはご注意下さい。

 

 

 

 

あたりめを炙ってみました。火力的にもちょうど良いですね。

ストーブであたりめを炙るだけなら、アルミホイルでも大丈夫ですけどね。

本来は肉を焼きたかったところですが、病み上がりでうどんぐらいしか食べる気がしないのでそのうち更新します。

(あたりめは奥様がおいしく頂きました)

 

 

 

市場価格はMが3,000円、Lが4,000円弱ぐらいです。

ヨコザワテッパンや男前グリルプレートなどに比べて深さがあるので、汁気の多いものなどもいけるのが強みですね。

「グリルプレート レシピ」などで検索してみてください。

あとはアルミなので軽いのと、お手入れが簡単。

ちょっとぐらい放置しても錆びません。これはずぼらな私にとって大事なことです。

サイズ的にソロ用なので、ファミリーキャンプだと出番は無いかもしれませんが、またキャンプで使ってみて写真を載せたいと思います。

 

2019年7月追記

ソロキャンプで何度か使ってみましたので、写真を載せます。

まず焼き肉は思った通り。まーうまいです。

鋳鉄ほどの蓄熱性が無いので、遠赤効果でふっくらみたいな効果は薄めです。

安い肉は安いなり、高い肉は高いなりに美味く焼けますw

肉を90度ずらすことで、格子状の焼き目が付きます。

 

縦にして薪グリルラージのゴトクに載せると、足がちょうどよくハマります。

おかげで滑り落ちることがありません。

 

焼き鳥は、焼けるまでの時間がかなりかかりました。

 

想定通り、使用後にすぐ洗わなくても全く錆びません。

熱湯をかけて油を流しておいて、家に帰ってから洗剤で洗っています。

溝部分に油が残りますが、味に支障はありません。

 

 

↓↓↓

Sponsored Link