スポンサーリンク

お座敷スタイルのお供に、CSクラシックス ロースタイルチェア

以前購入したものの、レビューをすっかり忘れていた商品のご紹介です。

鹿番長、キャプテンスタッグのキャンプチェアを買っていました。

 

 

CSクラシックス ロースタイルチェア UP-1016

 

ローチェアという呼び名のほか、ラウンジャーと言う呼び名もありますね。

バイヤー(BYER)のラウンジャーが有名です。

あっちと違うのは、座面にクッションが標準で付いてきます。

木の材質も恐らく違うでしょう。

 

 

 

 

特徴的なのは、この角度。

背中はけっこう倒れ気味、座面は斜めに上がっています。

見ての通り、リラックスする用と言えます。食事には全く向きませんね。

リラックス用とはいえ、ヘッドレストが無く寝落ちは厳しいものがあります。

 

 

 

 

私の購入用途は、テント内での腰掛け用です。

ここ最近タケノコテントでのお座敷スタイルを多用しているんですが、長時間あぐらなどで過ごすと腰などにダメージを受けてしまいます。

背もたれのある座椅子的なものが欲しかったんですが、木と布でできたコレは写真映りが良いと思いまして。

 

 

 

 

見た目は悪くないですよね?

座り心地は中の下ぐらいで、ずっと座っているとヘッドレストが無いので首が疲れてきます。

2脚だけ買ったんですが、エアーベッドに寝転ぶ方が人気で争奪戦になりませんでした。

立ち上がる時の体重の持って行き方で、つんのめりそうになる事があります。

 

 

 

他のスペックなど

■サイズ:(約)幅405×奥行630×高さ590mm、座面の高さ200mm

■収納サイズ:(約)405×710×厚さ70mm

■重量:(約)2.5kg

■耐荷重:(約)70kg

■材質:構造部材:天然木(表面加工:オイルステイン)、張り材:綿65%・ポリエステル35%

■原産国:ベトナム

 

耐荷重70kgというのが、私にもけっこうギリギリなところですね。

膝に猫を抱いたら超えてしまいそうです。

収納時は平べったくなるので、薄くはないんですが積載はしやすいです。

組み立ては2つからなるパーツの噛み合わせで、慣れれば5秒。

 

 

 

買いかどうか

 

 

Amazonで4,000円ぐらいですので、割と安価な部類のチェアですね。

お座敷スタイルでのリラックスタイム用に使うという用途でなら、あってもいいと思います。

なんとなくお洒落に見えますし。

私も食後の薪ストーブ晩酌タイムで使いました。

 

 

 

これだけをメインにキャンプというのは、おすすめしません。

先に述べた通り背中が倒れすぎてて食事が取りにくく、常に背中を起こす体勢ですと腹筋と背筋が鍛えられます。

鍛えるのはキャンプの時じゃなくていいですよね。

鹿番長の安価な収束型チェアの方が、まだ1脚で色々な局面に対応できます。

適材適所というやつですね。

 

  • 長時間座らない
  • お座敷スタイルや室内
  • 前傾しない・食事しない・作業しない
  • 体重の軽い人

このあたりの条件を満たすならアリだと思いますね!

 

 

↓↓↓

Sponsored Link