スポンサーリンク

冬用モフモフ寝袋!モンベル バロウバッグ#0のレビュー

Google先生の速度評価がやばいことになっていたので、ブログのデザインをちょっといじりました。

点数は相当良くなったんですけど、体感ではあまりよくわかりません。

 

先日購入しました寝袋、モンベルのバロウバッグ#0のレビューです。

 

 

モンベル バロウバッグ#0

 

モンベルさんのラインナップから南極用の「バロウバッグEXP」が消えたので、現在の冬用化繊シュラフでは最高峰のモデルです。

スペックなどはこちら。

 

素材 表地:40デニール・スーパーマルチ・ナイロン・タフタ[超耐久撥水加工]
重量 2,040g(2,179g)※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
カラー サンライズレッド(SURD)
サイズ R/ZIP(右ジッパー)、L/ZIP(左ジッパー)
収納サイズ φ22.8×45cm(14.9L)
コンフォート温度 -7℃
リミット温度 -14℃
適応身長 ~183cmまで

 

 

実際に使ってみたよ

 

先日の最低気温-1℃の環境では、暑いぐらいでした。

長男が使っていたんですが、夜中に体半分這い出て寝ていました。

電気毛布のスイッチを切りましたが、それでも「あつかった」とのこと。

 

長男には気の利いたレビューは期待できませんので、私も使ってみています。

 

 

 

 

ジッパー周辺には、冷気の侵入を防ぐドラフトチューブがあります。

これが上と下の2つにあるのですが、それでも閉めにくいことはありません。

ジッパーに噛み込む気配も全くありませんでした。

設計と縫製のテクニックでしょうか。

色々使ってきた中でも、ジッパー周辺の作りは一番です。

シュラフ内側の生地はツルツルした感じですが、ナンガのオーロラより若干手触りが良いです。

 

 

 

 

首周りの保温をするネックバッフル。

ここにも中綿がたっぷり入ってモフモフです。ドローコードで絞れます。

 

 

 

画像出典:モンベル様公式サイト

 

一番良いと思うのはずばり、寝心地ですね。

ストレッチ素材なのでモッフモフが身体にフィットし、隙間ができないんですが、これが全然窮屈じゃない。

隙間がないということは体温で中綿を温められるので、とても温かく眠れます。

 

 

 

画像出典:モンベル様公式サイト

 

この画像のように真空飛び膝蹴りも可能。

身長170cmでも上下方向はけっこうピッタリな感じだったんですが、横方向は余裕があります。

しかし隙間はできず、温かい。夢のような話ですね。

 

 

 

収納について

 

半分に折って空気を抜きながらクルクル巻いて、スタッフバッグに詰めて絞ります。

付属のスタッフバッグには3本のコンプレッションベルトが付いており、圧縮して細くできます。

ちょっとだけパワーが要りますけど、女性でも大丈夫でしょう。

 

 

 

 

左から順にナンガのオーロラ450、モンベルファミリーバッグ#1、イスカのアルファライト1000EX、モンベルのバロウバッグ#0です。

長さ、太さ、重さとも1番大型で、ミニ米俵ぐらいあります。

バロウバッグ#0が最も低い温度まで対応するので、当たり前っちゃ当たり前なんですけど。

ファミリーバッグより断然低温対応なのに小型なアルファライトもなかなか優秀ですね。

 

 

 

購入情報

 

定価は税別20,500円です。

私はWILD-1の初売りセールで10%オフで購入しましたが、ネットでは購入できるお店が限られています。

モンベル公式オンラインストア

新潟のアウトドアショップWEST

ヒマラヤオンラインストア(バロウバッグ#1)

 

WILD-1の店頭に在庫があっても、オンラインストアには並びません。

何か縛りがあるんでしょうかね?

消されるかもしれないので、深く言及するのは止めておきます。

 

 

 

ネットで買えるスペックが近いもの

ちょっと記事の趣旨と離れてしまいますが、バロウバッグがアフィリエイト的に全然おいしくないので、ネットで購入できる化繊のシュラフで限界温度が-10℃以下のものを記載していきますよ。

 

イスカ

 

まずイスカさんですと、アルファライト1000EX、1300EXが似ています。

アルファライト1000EXのレビューはこちら

 

 

Amazonだとどちらも売り切れています。

楽天には、1300EXが在庫ありました。

 

 

両方寝てみましたがカタログ数字通り、1000EXよりバロウバッグ#0の方が温かいです。

中綿量はあまり変わらないので、隙間がほとんどできないストレッチのおかげですかね。

 

 

コールマン

コールマンですと、1万円ちょっとで手に入ります。

ただし収納サイズは大きく、軽い米俵といった感じです。

 

 

BEARS ROCK

 

これも半額ほどとお得です。このBEARS ROCKは、私も3シーズンのシュラフを使ってました。

楽天で買えるシュラフの中では、価格と性能のバランスがいいと思います。

ただしこちらも収納サイズは米俵ですね。

何かを優先すれば何かが犠牲になる、そんな人生の縮図がシュラフにもあります。

 

 

まとめ

 

スペックの近い製品なども載せてみましたが、ストレッチシステムはモンベルのシュラフだけです。

温かさは中綿の量や性能だけじゃなく、このストレッチや縫製などの色々な技術が合わさってのものですね。

とにかくモフモフ、温かいので購入満足度がとても高いです。

冬用シュラフに迷ったら、これを選んで損は無いと言えますよ!

 

 

↓↓↓

Sponsored Link