公開日:

村の鍛冶屋・TSBBQライトステンレスダッチオーブンのレビュー

以前から欲しかった調理器具、とうとう買っちゃいました!

ステンレスのダッチオーブンです。

 

TSBBQ ライトステンレスダッチオーブン10インチ

 

 

TSBBQは鍛造ペグ「エリッゼステーク」などで有名な、「村の鍛冶屋」さんのブランドです。

このステンレスダッチオーブンは、今年出た新商品ですね。

ステンレスのダッチオーブンと言えばほぼSOTOさん一択でしたが、選択肢が増えたのは嬉しいですね。

(SOTOさんも好きですよ!)

 

よくある鋳鉄製ダッチオーブンと比べての、ステンレスのダッチオーブンのメリットを列挙しますよ。

  • シーズニング不要
  • 洗剤で洗える
  • 水分が付いたまま放置しても錆びにくい
  • サビ止め油不要
  • 急な温度変化に強い(割れない)

 

料理を多めに作って、次の日また食べるといった使い方が平気でできます。

今日は眠いから洗い物は明日!

そんな使い方も余裕です。

 

鍋がアツアツの時でも、洗い物しようと思えばできちゃいます。

調理器具は使ったらすぐ洗いたい勢力もいますよね。

 

逆にデメリットは何かと言いますと。

  • 価格が高い
  • 熱伝導率が鋳鉄より低い
  • 育てる楽しみが無い

 

価格に関しては、一生使えると考えればそう高くも無いです。

20年使ったとして1年あたり1,000円、1日あたりでは2.7円。

1時間あたりだと0.1円、実質ゼロじゃないですか。

 

3つ目の育てる楽しみなんてほぼ言いがかりですよ、暇つぶしの育成ゲームじゃないんだし強くてニューゲームで良いです。

 

 

 

箱の中には鍋本体のほか、フタとツルの計3点が入っています。

1つずつビニールで包まれている徹底ぶり。

ロッジのダッチオーブンなどに比べると、かなり軽いです。

それがSOTOさんではなく、こちらを選んだ理由ですね。

 

 

 

ビニールを外してセッティングしてみました。

ツルは取り外し可能です。

ライトステンレスダッチオーブンと言うだけあって、普通のダッチオーブンと比べて軽いです。

本体は1.8kg、フタが2.18kg。フタの方が重いです。

熱伝導率が低いステンレスと、熱伝導率の良いアルミを三層構造にすることで、トータルの熱伝導を損なわずに軽さを実現しております。

村の鍛冶屋さんの企画力と技術力の結晶と言えますね。

 

 

 

 

鍋肌とフタの側面はピッカピカの鏡面仕上げ。

直火で使ってススだらけにするのが勿体無いですね。

 

 

 

 

鍋の内径は約255mm。素人採寸ですので、若干の誤差はご了承ください。

フタにはTSBBQのロゴ入りです。

 

 

 

 

深さは約115mm。4人家族に、ほどよい大きさだと思います。

カレーなら15人前はいけますね。

 

 

 

取っ手の付く部分の内側にはリベットがあります。

ライバルSOTOさんのステンレスダッチオーブンでは、鍋の外側に溶接されているので内側には無かったと思います。

私は別に気にしやしませんけど。

ベイブレードとか転がす時には気になるかもです。知らんけど。

 

 

 

 

この底網は付属せず、別売りを購入しました。

水分を入れないロースト料理や燻製をする時は、これが必要ですよ。

専用品が1,296円です。

 

 

 

 

初使用では、焼豚を作ってみました。

糸で縛られたブタ肉の表面をさっと焼きまして。

 

 

 

 

ネギの青い部分もついでに入れて。

 

 

 

タレを入れたらフタをして、弱火で40分ほど煮込みます。

タレのレシピ

  • しょうゆ
  • 砂糖
  • にんにく
  • しょうが
  • はちみつ

分量は適当です。舐めて味を見ながら調整してください。

コールマン様の焼豚レシピを参考にしました。

 

40分放置ではなく、たまに上下ひっくり返しますよ。

 

 

 

 

フタを取ったら茹でたまごを入れ、少し煮詰めます。

弱~中火で15分ぐらい。

 

 

 

 

糸を切ったら適当に切って完成!

「盛り付け方!」と奥様に突っ込まれましたが、男の料理なので読者様も大目に見てくれるでしょう。

 

肝心の味は、柔らかくて美味かったですよ。

肉1kgぐらい使っても、中学生男子2人にかかると残りませんでした。

 


 

まとめ

 

 

熱伝導率に関しては、全く気にならないレベルです。

鉄製に比べると弱火で長時間煮込む際に、気持ち強めの火力にしてあげる必要がありましたけど。

火力を調整すればいいだけですので。

 

それよりもメンテナンス性などの恩恵の方が大きくて、もっと早く買っておけば良かったと思います。

キャンプはもちろん、家でも使えるものですからね。実質ゼロ円で。

IHクッキングヒーターのご家庭でも大丈夫です。

 

 

Amazonには底網とセット売りもあります。バラで買っても値段は一緒。

 

私は楽天の村の鍛冶屋さんで購入しました。Amazonじゃポイント付かないので。

ポチった翌日に到着しました。やりますねぇ。

 

 

今後は色々使い倒していきたいと思います!

 

 

こちらをクリックして頂くと、ブログ村ランキングのINポイントが増えます。
今後も応援のほど、よろしくお願いします!
↓↓↓

 

Sponsored Link


8件のコメント

  1. こんばんは~
    ウワッ チョー目の毒っ(+_+) 物欲に火が付くぅぅ
    鍛冶屋さんからこんなの出たのですね!!!

    持ってないアイテムの一つです!ダッチオーブン
    私の琴線に触れる、ユニフレームと村の鍛冶屋さん
    (ただ今のところ信用第一位・二位を占めております)

    これはあ欲しいなああああーーーサンタさん来ないかなぁ
    羽釜・ダッチとみーこパパさんのベストチョイスですね!
    いやあ~これは羨ましい~✨ピカピカ~

    1. こんばんは(^ ^)コメントありがとうございます!

      鍛冶屋さんの道具はタープポールぐらいしか無かったので、今回で2つ目になります!
      燕三条のメーカーは、良い物が多いですね〜(^ ^)
      ユニフレームも欲しい物がまだまだ控えております。
      サンタさん来ると良いですね〜w

  2. kouchi より:

    こんばんはみーこパパさん( ◠‿◠ )
    さっき夕食を食べたばかりなのに、またお腹空いてきました(#^.^#)
    今度自分にも作って下さい(^ー^)

    1. こんばんは(^ ^)コメントありがとうございます!

      これは簡単でしたので、キャンプでも作れそうです(^ ^)
      放置気味で作れるというのも良いですね〜。
      いつかご一緒することがありましたら、ぜひw

  3. おはようございます!
    私は初めて買ったダッチがステンレスでした。
    いや・・・ずぼらなので絶対手間かけないわって(^^;
    でも使えば育つし、特に違和感なく使っています。
    ほぼメンテナンスフリーなので家では私が使うより
    相方が使う事が多くなりました(^^
    大鍋として活躍しております。

    1. こんばんは(^ ^)コメントありがとうございます!

      やはりステンレスは楽ですね〜。
      昨日キャンプで使ってきましたが、後片付けを後回しにできる喜びがw
      ステンレスは劣化しにくいですし、私も家でも使うつもりです!

  4. こんにちは~

    ステンダッチいきましたか~
    羨ましいっすw。

    自分もダッチならステンかなぁと思ってますけど、
    値段を見て躊躇してる状態ですね(笑)
    このダッチはそこの方にかけて丸いんですね。

    焼豚旨そうですw。
    いいなぁ~w。

    1. こんばんは(^ ^)コメントありがとうございます!

      味は鋳鉄でもステンレスでも大した違いは無いと思いまして、
      手入れの楽さですと断然ステンレスがおすすめです!
      ニトリあたりが安く作れば流行りそうですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です