スポンサーリンク

バーナー、コンロ、ストーブのお話

2017-05-16

私が欲しいキャンプ道具の第一位はテーブル、第二位はチェア。
第三位は、ユニフレームのツインバーナーです。

 

見た目が良いだけじゃなく、掃除しやすい、弱火もOK、ブースター付きで低温にも強い。
スキがないです。さすがユニさん。

前モデルのUS-1800の中古であれば、オークションで1万円前後で入手できそうです。

マイナーチェンジぐらいの違いなので、先述の長所はそのまま。美品ならUS-1800でも良いですね。

画像はナチュラムさんより

 

さて現在、我が家のキャンプで使っているバーナーは2つあります。
シングルバーナーが2つあれば、まぁ困ることはないんですが。
ガスをランタンと同じカセットガスに統一できたら楽、というのもあります。

 

まずはイワタニのカセットフー 達人。

 

もう10年近く使っています。可もなく不可もない、カセットコンロ。
これについて深く語れ、と言われても無理です。
カセットコンロってそういうもんですよね?
特にキャンプ用ではなく、家鍋用に購入したものをそのまま使っていますね。

 

もう一つは、EPIガスのPSS型ストーブ。

PSS型ストーブ

これは達人以上に古く、もう20年以上の大ベテラン。
購入した時の事も、今でもはっきり覚えています。

 

あれはまだ地元の北海道で生活していた中学生の頃です。

実家の建て替えのため、一時期 祖父母の家に居候していました。
中学校へは歩いて行ける距離ではなく、工事が終わるまでバス通学です。

帰り道のバス乗り場の近くに、釣具屋さん「武美」がありまして。よくバスが来るまでの時間潰しに、アウトドア用品を眺めてハァハァしていました。
釣りはごくたまにしかやらなかったんですが、キャンプは小さい頃から好きでしたので。

そうです。

キャンプ道具沼は既に始まっていたのです。

 

当時EPI製品は全く値引きされず、中学生には手の届かない存在でした。
いや、お年玉溜めれば買えたと思うんですが、ファミコンソフトを買うと一切合切残りません。

その武美が閉店することになり、閉店セールの投げ売りでやっと手が届くぐらいの金額になったんです。
バスに乗るために、たまたま居合わせた祖母が、お金を出してくれました。

投げ売りとはいえEPIガス、年金暮らしには安くは無かったと思うんですが。
バスを待つ間、いつも見てハァハァしているのを知っていたんでしょう。

嬉しくて無意味に家でもお湯を沸かして、高価なガスを無駄使いしていました。

 

祖母は2年前に亡くなりましたが、こいつは現役です。

自動点火装置は無いですし、ゴトクも小さくたためず、横風にも見た目ほど強くない。

それでも、捨てられない道具ですね。

子供が大きくなって旅に出る時に、これを引き継ごうと思います。

 

 

ツインバーナー欲しいけどね!

 

そもそも子供が旅に出ない可能性もあるか...?

 

Sponsored Link