スポンサーリンク

ソロキャンプ向けに装備の見直し【大物編】

ゆるキャン△ブームなどもあり、にわかにソロキャンプが脚光を浴びている昨今。

私も先日10数年ぶりにソロキャンをして来ましたが、楽しかったです。

ブログタイトルが示す通り、本来はファミリーキャンプのブログなんですが、今後ソロ活動も平行してやっていけたらな~と思うわけですよ。

 

 

一人で行けばそれがソロキャンプですが、前回は選別もせずに出かけたこともあり、けっこう大荷物でした。

 

 

内訳としては、こんな物です。

  • テント(サーカスTC)
  • 薪ストーブ
  • 灯油ストーブ
  • コット
  • 寝袋
  • チェア
  • テーブル複数
  • ウォータージャグ
  • バケツ
  • 焚き火台
  • クーラーバッグ
  • ランタン複数
  • ガスコンロ
  • 鍋、食器

設営グッズ、焚き火道具などの小物は割愛しています。

 

 

サイトはこんな感じになります。

快適ではありますが、もう少し身軽に行きたいという気もするんです。

家族など連れがいるなら快適である方が良いですが、私一人のソロならもっと装備は少なくて不便でも良いんです。

 

今回は、ソロで行くなら何をどう削っていくか?という記事になります。

 

 

テント

 

 

サーカスTCは展開サイズも収納サイズもまぁまぁ大きいので、これを小型のツーリングテントなどに変更するという手があります。

しかし大きめのテントを使うことには、タープを張らずに過ごしても快適というメリットがあります。

実際、秋ぐらいから最近までタープは全然張っていません。

タープで過ごす方が涼しいので、これから春から秋にかけての季節は張る機会も増えそうです。

 

とりあえずテントはサーカスTCのままで、虫を防げるようカンガルースタイルのインナーテントを用意するという方向で行こうと思います。

参考記事:目のつけどころが、ドッペルでしょ。カンガルー専用テント

 

DODさんのカンガルー専用テントが思ったより高かったので、何にするかちょっと悩んでいます。

 

 

ストーブ

 

 

真冬は薪ストーブと灯油ストーブ、両方を持って出動していました。

ソロなら寒くても我慢するという選択肢ですね。

寒い時は焚き火で暖を取る、寝袋に潜って寝るという方法になります。

 

もしバイクツーリングなどをするのであれば必然的に我慢せざるを得ませんが、車を使うキャンプなら持って行きたいですねw

 

 

コット

 

 

現在使っているのはWILD-1のプライベートブランド、クオルツの「キャンパーズベッド2」です。

これをコンパクト収納できる物にするか、いっそ使わないという選択。

[amazonjs asin=”B079MF4H3M” locale=”JP” title=”Motomo 超軽量 アウトドア キャンプ ポータブル タクティカル 折りたたみ式 ベッド コット ((グレー))”]

インナーテントを使わないのであれば必要ですが、虫の出る時期はインナーテントを使うので、要らないでしょう!

インフレーターマットなどは使いますよ。

 

 

チェア

 

 

現在好んで使っているのはビジョンピークスのキャンバスリラックスチェアです。

収納サイズは大きいですが、座り心地が良くリラックスできます。

これをコンパクトに収納できるチェアにしますかね。

 

 

FIELDOORのパチノックスです。

リラックス度はビジョンピークスには劣りますが、座り心地は上々です。

[amazonjs asin=”B078CQH94R” locale=”JP” title=”FIELDOOR ポータブルコンパクト アウトドアチェア ミドルバック 【キノコ】 耐過重150kg 軽量コンパクト 折りたたみ ウルトラライト タクティカル”]

いつの間にか色が増えて、ロッキングチェアにできる脚パーツも出ています!

参考記事:【長いわ】ポータブルコンパクトチェアミドルバック

 

 

テーブル

 

 

木製のテーブルは重くて大きいので、コンパクト化の対象ですね。

実は、この小さいテーブルが既にあります。

[amazonjs asin=”B000AR4TJQ” locale=”JP” title=”キャプテンスタッグ アルミ ロールテーブル ケース付 M-3713 アウトドア用 折りたたみ式”]

最近キャンプで使った記憶が無いですけど、あるんですw

これをソロキャンプのメインテーブルにしましょう。

 

 

ウォータージャグ・バケツ

 

 

 

ジャグとバケツがメインで映っている写真が無かったので、キッチン全体の写真ですが...右の方にある、白と緑のやつですね。

我が家のファミリーキャンプにおいては、いちいち水道のあるところまで行かなくても水が使えるので必須のアイテムになっています。

しかし円柱形でかさばるので、積載邪魔ランキングはかなり上位。

ソロの時は、水場まで行きましょう。

 

 

焚き火台

 

 

うちのメイン焚き火台はユニフレームのファイアグリルです。

言わずと知れたベストセラー焚き火台で、多くの人にオススメできる商品です。

 

ソロで使うには、少し大きいですね。

一人の時は、尾上さんのフォールディングBBQコンロを使おうかと。

 

 

BBQコンロなので燃焼炉スペースはV字型で小さく、焚き火台向きではないんですけど、コンパクトに畳めるので何気に毎回出動しています。

[amazonjs asin=”B0013348GU” locale=”JP” title=”尾上製作所(ONOE) 折りたたみ式 フォールディングBBQコンロ F-2527″]

まず今ある物を使ってみて、ダメだったら買うことにしましょうw

 

まだ長くなりそうなので、一旦区切らせてもらい、次回に続きます!

 

 

応援のほど、よろしくお願いします!
↓↓↓

 

Sponsored Link