スポンサーリンク

CT125ハンターカブのマフラー交換・モリワキモンスター レビュー

記録的な寒波が襲来しつつある今日このごろ。

こう寒いとキャンプもバイクもやる気が減退しますね~。

キャンプ場で気温が寒い分にはなぜか耐えられるんですが、行くまでが問題ですねw

しかし今回の寒波は強風も伴っているので、そうなるとキャンプどころではないのが現実。

 

さて本日は久々のバイクカスタム記事。マフラー交換になります。

ヨシムラのタクティカルサイクロンを待っていたのですが、あれはあくまでもショーの参考出品。

製品として出る気配ゼロなので他社のを買ってしまいました。

 

モリワキ CT125 MONSTER FullExhaust BLACK

 

モリワキのモンスター フルエキゾースト ブラックです!

このマフラーを選んだ理由としては、

  • 信頼のモリワキブランド
  • 色が黒い
  • 音量が控えめ

といったところですね。

 

モリワキと言えば森脇健児が知名度第1位ですが、2位はこのバイクパーツメーカーで間違いないでしょう。

黒いマフラーは他にもありますが、音がデカいのとリアサス取付フレームが割れるという噂があり。

ご近所の迷惑と、キャンプにも使うことを考えると音量はうるさくない控えめが好き。

音は現物で聴いたわけではなく、動画で確認しての購入です。

 

パーツ全てプチプチで厳重にくるまれて届きます。

詳細な取り付け説明書も付属します。

ネットでも公開されておりますので、購入検討中の方は参考にしていただければ。

モリワキ CT125 20 モンスターBK 説明書

 

マフラー交換

詳細な手順はYouTubeなどで紹介している人がいらっしゃいますし、付属の説明書も分かりやすいです。

ここでは簡単な流れと、つまずきそうなポイントだけ取り上げていきます。

 

まずはマフラー取り外し。

右サイドカバーが外れにくくて面倒ですが、他はどうにかなるかと。

エンジンアンダーガードも外します。

 

取り外した純正マフラー。一応捨てずに取っておきます。

中古相場は低く、メルカリで売っても大した金額にならなさそうです。

 

つまずきポイント。グロメットラバーです。

これを2箇所分、ステーに自分ではめこむ必要があるのですが、とても固いです!

 

素手では全然入っていきませんでした。

取り付けたのが冬で、寒かったせいもあるかも。

多少温めても全然ダメでしたがw

 

どう付けたかですが、細すぎないマイナスドライバーをグロメットラバーの脇に差し込みました。

あまり先端が細いと、ラバーを刺して切ってしまうので。

 

マイナスドライバーを抜きながら、抜く時にドライバーの先端にラバーをひっかけて通しました。

このグロメットラバー取付が、今回最大の難所でしたw

 

続いてエキパイの熱からO2センサーを守る保護板の取り付け。

向きは写真の通りです。

モリワキのロゴが薄く刻印されていますので、まっすぐ見えるように付ければ大丈夫。

 

マフラーとエンジンの連結部を固定するフランジ。

向きが決まっています。この写真で上面になっている方が、地面の方に向くのが正解。

 

この向きです。

逆に付けると隙間ができてしまうので、排気もれを起こして気づくと思いますがご注意。

 

液体ガスケットは十分な量が付属していましたので追加購入不要。

説明書の指示通り、連結部に塗布します。

 

こちらのガスケットは用意しましょう。

同じマフラーを外して付けるだけならまだしも、他社製に交換する場合は交換した方が良いと思います。

私も交換し、液体ガスケットを塗って取り付けました。

 

あとは説明書通りで、特につまるような点もなく取り付け完了。

サイレンサーとエキパイをつなぐスプリングが若干固いですが、ラジオペンチでどうにかなります。

カバー類を戻す前に、エンジンをかけて排気もれが無いか確認。

アイドリングしていると新品なので少し焦げ臭さを感じますが、すぐに収まります。

 

試運転してみての感想

天気が良い日に試運転してきましたよ~。

まず音ですが、純正の「ポコポコ」から低音の「ドコドコ」になり迫力が増します。

かといって決して音量は大きくなく、うるさいとは感じません。

 

パワーは多少上がっていますが、若干ですね。

これだけで劇的に速くなるようなもんではないです。

スピードを求めているわけではないので、それで十分なんですが。

 

スタイリング的には好きです!じゃなきゃそもそも買ってないですねw

二重管は洗車が大変そうですが、デザイン的には素晴らしい。

全部黒い方が締まるかと思いましたが、モナカサイレンサーだけシルバーというのも良いですね。

 

ヒートガードのカタカナモリワキは好みが分かれそう。

私もそんなに好きじゃないですが、近くで見ないと分からないのでヨシ!

 

ヒートガードが無い部分も二重管なので、熱さはありますが短時間触ることはできる温度に。

長時間は無理です。ヒラヒラした服は接触しないよう注意。

特にカッパなど雨具を着る場合など、気をつけましょう。

 

ちょっと近所を慣らしがてら走るつもりが、気づいたら海を目指して葛西臨海公園にいました。

ドコドコした鼓動感があり、パワーも若干ながら上がるので、走るのが楽しくなるマフラーですよ!

パワーUP重視の方は他にも良いのがありそうですが、私はモリワキモンスターで満足。

 

まだ交換したばかりなので、走行距離を重ねて気づくことがあれば追記します。

 

 

Sponsored Link