スポンサーリンク

CT125 デイトナ サドルバックサポートとラフアンドロードのAQA DRYサドルバッグ

本日はバイク関連記事ですよ~。

キャンプ好きの皆様、がっかりしないでくださいね!

偏らないよう、次回はキャンプ関連にしますのでw

最近ソロキャンプの話題が多いので、ファミリーキャンプ関連の話題をいきたいですね。

 

デイトナ CT125 サドルバッグサポート

本日はサドルバッグサポート!

いや地味ですよね~。でもサドルバッグを使うなら、とても大事なパーツです。

 

これです!車体後部、リアキャリアの左側に付けられた黒いパイプ。

デイトナの「サドルバッグサポート左側専用」です。純正ツールボックス併用可能。

真っ先に販売したのがデイトナで、バイク屋さんにハンターカブを注文してすぐ発注していました。

今は他メーカーも出していますね。

これが無いと、後タイヤの回転にサドルバッグを巻き込んでしまいます。

このサドルバッグサポート初期ロットは寸法不良があったのですが、今のやつは改善されています。

 

取り付けには詳細な日本語マニュアルが付属するので、その通りです。

これが日本メーカーの良いところですね~。

エアクリーナーダクトを外す必要がありますが、外し方もマニュアルに記載されている通り。

所要時間は15~20分ぐらいで、簡単です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CT125ハンターカブ サドルバッグサポート左側専用 DAYTONA(デイトナ)
価格:6664円(税込、送料別) (2021/2/9時点)

楽天で購入

 

 

金属加工が得意な方なら、バッグが内側に垂れなければいいので自作できるでしょうね。

私はもちろん!苦手なので、買って解決。

 

サドルバッグ(サイドバッグ)

車体右側はマフラーがあるので、左側だけにしか付けられません。

サドルバッグは次のものを使用。

 

ラフアンドロードのAQA DRY。

カーキと迷いましたが、ブラックを選択。

 

取り付けるとこんな感じです。

黒は目立ちすぎず、これはこれで良かったと思います。

上は付属の短いベルトで付きますが、下はブラブラするので自分でカラビナ付きロープを追加し、サポートの金具に縛り付けました。

これ何本かあると便利です。テントやタープでも使えそうですし。

 

雨の中を走っていないので防水性は不明。

バッグの中には荷物を縛り付けるツーリングネットや雨具、盗難防止ロックなどを常備。

1Lのガソリン携行缶を入れようとしていたんですが、けっこう膨らむので悩んでいますよ。

エンジンガード付近に携行缶むきだしで付けると、ニトロのようでかっこいいかも?

(たぶんおまわりさんに止められますので、やりません)

 

キャンプの時は雨具の他にヘリノックスのイス、ミニテーブルなんかが入ります。

あまりパンパンに入れますと、外側への膨らみが大きくなり接触の恐れあり。

さすがにハンドルより張り出すことはありませんけど。

 

メットインなどの収納スペースがないバイクで、濡れずに荷物を保管できる防水サドルバッグ。

ツーリングはもちろん、普段使いでも役立っていますよ!

 

 

Sponsored Link