スポンサーリンク

長時間点灯で使いやすいLEDフラッシュライト・Olight Perun 2レビュー

2020-11-25

以前もPR記事をお伝えしてきたOlight(オーライト)の商品ですが、またまた新商品情報です!

今回はLEDフラッシュライト、Perunのバージョンアップ新製品・Perun 2の紹介です。

※PR記事です

 

PERUN 2 お得な購入情報とプレゼント

冒頭ですが、お得なタイムセール情報!

2020年11月25日(水) 20:00~11月30(月)24:00、
オーライト公式サイトにて20~45%オフとなるセールが開催されます!

Perun 2 販売ページ(30%オフ)

Perun 2 セット商品(40%オフ)

 

さらに!

小型ライトi1R 2 EOSのページをシェアするだけで無料プレゼントという企画もあります!

 

プレゼントとタイムセールは残念ながら終了してしまいました。

が!

当サイトを見た人限定で、10%割引クーポンを発行して頂きました!

カート画面にて、クーポンコード miicamp10OFF

と入力して頂くと10%割引が受けられます。どうぞご活用ください!

 

どんなライトかは、記事を最後までご覧ください。

 

OLIGHT PERUN 2 スペックと概要

パッケージ外観はこちら。きれいな化粧箱に収められています。

スペックは下記の通り。

ランタイム 175分~最長12.5日間
本体材質 アルミニウム合金
最大明るさ 2500lm
最大輝度 6889カンデラ
最大照射距離 166m
重量 161g(電池含む)
全長 120.7mm
ヘッド直径 28.6mm
ボディー直径 27mm
耐衝撃 1.5m
防水レベル IPX8
電池 OLIGHT 4000mAh 21700専用電池
充電方式 マグネット式充電・MCC3充電ケーブル
商品内容 Perun 2×1(ポケットクリップ、電池含む)
MCC3充電ケーブル×1
ヘッドストラップとシリコンブラケット×1
ストラップ×1
取扱説明書×1

アウトドアに必須な防水性能と落下耐久は、もう当たり前として。

最長ランタイムが12.5日と異常に長いことと、最大で2500lmという爆光にご注目ください。

 

点灯モードは5種類で、他にSOSのモールスパターンを発光可能です。

モード 明るさ 照射距離 ランタイム
モード1 (Turbo) 2500~800lm(自動的に光量が落ちる) 166m 2min+175min
モード2 (High) 500lm 74m 270min
モード3 (Midium) 120lm 36m 18h
モード4 (Low) 30lm 18m 66h
モード5 (Moonlight) 5lm 12.5日間

簡単に言いますと、フルパワーですごく明るい。

そして最も暗い状態だと12日以上点灯できる。

 

Perun 2 詳細

まずパッケージからして高級感があります。

腕時計などに近い感じの梱包。

色はオレンジ(限定色)のほか、ブラックもあり。

 

本体もアルミ合金製で、バリなど一切なく手になじみます。

手に持った時に、これはいいやつだ!と分かる高級感。

レンズ面の左端が黒くなっているのは、センサーです。

近くに物があると自動的に明るさを下げて、継続的に覆われると1分間でオフになります。

手元の白い物などに照射した際、反射光で目がやられるのを防いでくれます。

 

裏面にはクリップ。胸ポケットなどに引っ掛けられます。

右端にはストラップホールがありまして、ぶら下げることも可能。

 

こちらはPerun 2をヘッドライト化できるヘッドバンド。

両手をフリーにできます。

 

こういった形で、シリコンホルダーにかませます。

しっかりホールドしてくれまして、上下角度調整も自在。

 

充電はマグネット式。充電中は赤く、終わると緑色に光ります。

空からフル充電まで、約3.5時間。

この充電ケーブルは他のOlight製品と互換があります。

 

ライト本体の底面がマグネットですので、磁石がつくところにくっつきます。

今回テントのスチールポールに付けてみました。

テントのポールは丸いわけですが、触らなければクルクル回らないので、スポットライト的に使えましたよ。

磁石が付けば車やバイクのボディーなど、色々使い道がありますね。

 

Perun 2 明るさ

実際に暗闇のキャンプ場で使ってみますよ。

Low,Midium,Highモード切り替えはスイッチを約2秒長押しです。

まずはモード4、Low。明るさ30lmです。

どこにもピントが合ってなくて申し訳ないですが、遠くに流れる川に合わせているためです。

すぐ足元は、そこそこ照らせます。

舗装路ですとか、都会の散歩ぐらいならこれでも十分。

 

続いてモード3のMedium、明るさ120lm。

足元はかなり明るく、遠くの川岸まで明るくなりました。

これだけ明るければ、キャンプ場なら十分です。

足元にある大小の石も、十分すぎるほど見えます。

 

続いてモード2のHigh、500lm。

近くは十分以上に明るく、川の対岸も照らせました。

ライトは川の手前側に向けているので焦点が手前にありますが、遠くもそれなりに照らせます。

既に車のハイビームぐらいあるように感じます。

 

そしてモード1、Turbo。明るさは最大の2500lm。

川の対岸まで明るくなり、山肌も見えてきました。

このモード1のみ切り替え方が違いまして、スイッチをダブルクリックです。

2分間2500lmで照らした後、800lmに自動的に明るさが落ちます。

500lmでも十分明るいので、使うとすると遠くを確認したい時でしょう。

 

モード5のMoonlightは、消灯状態から2秒長押しです。

寝る時の常夜灯として十分で、ライトの向いている方をぼんやり明るくしてくれます。

 

あとはトリプルクリックで、SOSモード。

トントントン ツーツーツー トントントンという点滅を繰り返します。

一連の操作はオーライトのフラッシュライト共通なので、いくつか使っていれば覚えます。

 

Perun 2 使用してみた感想

以前レビューした小さい「Perun Mini」でも十分な明るさがあったので、明るさに関しては必要十分以上。

LowかMidiumでも、キャンプ中の作業を一通りストレス無くこなせます。

頭につけるのは小さく軽いPerun Miniの方が楽ですが、手に持ったりポケットに差しての作業性はPerun 2の方が上ですね。

連続点灯時間もPerun 2の方がバッテリーが大きい分、ずっと長いです。

小型軽量で、常に携帯しやすいPerun Mini。より明るくて作業性が良い、電池のもち重視のPerun 2と使い分けましょう。

どちらも同じ充電器で大丈夫ですが、Perun 2に付属する方は2AでMiniの方は1Aでした。

(1Aでも充電時間は長くなりますが使えます)

どちらを選んでも明るさと頑丈さ、高級感、全てが高いレベルの商品ですよ。

 

購入情報と小型フラッシュライト プレゼントキャンペーン

2020年11月25日(水) 20:00~11月30(月)24:00、
オーライト公式サイトにて20~45%オフとなる期間限定セールが開催されます!

Perun 2 販売ページ(30%オフ)

Perun 2 セット商品(40%オフ)

販売期間限定ですので、お買い求めはお早めに!

タイムセールは残念ながら終了してしまいました。

が!

当サイトを見た人限定で、10%割引クーポンを発行して頂きました!

カート画面にて、クーポンコード miicamp10OFF

と入力して頂くと10%割引が受けられます。どうぞご活用ください!

 

 

Sponsored Link