スポンサーリンク

【コラム】キャンプの寝床づくり・ファミリーキャンプに最適なマットとは?

本日はキャンプで寝る時に体の下に敷く、マットの記事です。

冬キャンプの時期が近づいてくると、ストーブなど暖房器具や暖かい寝袋に注目が集まります。

しかしマットも決してないがしろにはできない物ですよ!

 

マットの役割

キャンプにおけるマットの役割は、2つだけです。

  • 地面の硬さをやわらげる
  • 断熱し体温を一定に保つ

それだけ?とちょっとガッカリしてません?

これだけです!

しかし人間はよく寝なければ疲れ、集中力も散漫になり、良いことは一つもありません。

たかがマット、されどマット。大事なものです。

 

コットやハンモックはどうなのか?

マットを敷いて寝る以外に、コット(キャンプ用のベッド)やハンモックを使うという手もあります。

どちらも地面の凹凸に左右されず、一定の寝心地を確保できます。

コットはコンパクトなものでもそれなりに大きいので、どうしても荷物が多くなってしまいます。

1~2人なら良い選択ですが、ファミリーキャンプで人数分のコットを持つと大荷物になってしまいます。

ハンモックは張れる場所が限られますので、キャンプ地の選択が厳しくなってきます。

もちろんファミリーキャンプ向きではなく、こちらも少人数キャンプ向きですね。

 

マットにはどんなものがある?

マットの種類は、だいたい以下のものが主流です。

  • 発泡素材のクローズドセル
  • 空気のみで膨らませるエアーマット
  • ウレタンなどの芯材が入っており、空気も入れるインフレーターマット

製品によって個体差はありますが、おおよそこんな感じです。

クローズドセル エアーマット インフレーターマット
重量
収納サイズ ×
断熱性
耐久性
寝心地 固め 柔らかめ 中間
設置撤収スピード 速め 遅め 中間

モノによってピンキリですけど、同じぐらいの価格帯の製品を比べた場合は上の表のような感じになります。

どれも一長一短で、特にこれが万能でマストバイでっせ!というものは無いです。

用途によっておすすめのマットは変わります。

おすすめマットを見にきたのに騙された!と思ってブラウザバックしないでください。

当ブログで一番多い読者層はファミリーキャンパーだと思いますので、ファミリーキャンプ向けマットをご紹介しますよ!

 

ファミリーキャンプ向けにおすすめのマット

独断と偏見ですが、おすすめはインフレーターマットです。

先程の特徴ですと、寝心地と断熱性に優れているマット。

膨らませるのと畳むのは、空気を入れる・出す必要がある分だけ手間です。

 

私が今、ファミリーキャンプでメインで使っているのがクイックキャンプのインフレーターマットです。

関連記事:クイックキャンプ車中泊マット8cmのレビュー

8cm厚のスウェードタイプシングルサイズと、5cm厚のダブルサイズを使っています。

親子で使う場合でも、ダブルじゃなくシングル2枚で良いです。ダブルだと収納サイズが太くなるので。

5cm厚はわりと普通なんですが、おすすめは8cmのほう。

寝心地が良く、真冬にマット単体で使っても、底冷えを感じず眠れます。

他のマットですと5mmぐらいの薄い銀マットを敷いて、その上に就寝用マットと2重にしないといけませんでした。

(このへんはまた後の項で)

10cm厚のエアーマットでも、冷えます。

クイックキャンプの車中泊マットは、空気を入れる手間、収納サイズ、低価格さ、いずれも高いレベルでまとまっています。

 

収納サイズと価格は、人数分を揃えるファミリーキャンプでは大事ですよね!

バカ高い金額を出せば良い物が買えるのは当たり前。

値段は安くとも、十分すぎる性能をもったマットです。

 

さらに快適を目指すなら、マットの下にもう一枚敷いておく

インフレーターマットは、就寝用のマットです。

テントの床全体を覆うインナーマット。テントのオプション品によくありますよね。

広げるだけのクローズドセルマットですが、これだけで寝ると痛いです。

クイックキャンプの8cm厚マットがあれば、インナーマットは無くても大丈夫です。

しかしテント内で子供が遊んだり、長時間過ごすなら床全体を覆うインナーマットがあった方が快適です。

その上に5cm以上厚いインフレーターマットを敷くと、まず底冷えしません。

 

私の場合ですが、インナーマットには安い銀マットを使っています。

ロールタイプではなく、屏風のようにパタパタ折り畳めるやつ。

 

テント専用インナーマットより値段が安く、使うテントを色々変えることが多いので応用が効きます。

幅100cmのやつが、畳んだ時も100cmなので扱いやすいです。

まずこれを3~4枚(テントによって変動)、床全体に広げて、その上に就寝用マットを敷く。

テントの床下には、グラウンドシート。

これで一年中大丈夫です。

奥様は寒がりなのでさらに電気毛布を使ったりしますが、無くても大丈夫です。

私が寝る時にこっそりスイッチを切っても、朝までぐっすり寝てますからw

 

 

 

銀マットですと見た目がいまいちですが、誰かに見せるのでなければ十分かと。

冬キャンプなどでテント内で長時間過ごすことが分かっている場合、肌触りも求めてじゅうたんも敷きます。

荷物は増えますが、外で使う用のテーブルやイスなどは省けるので車にも何とか積めてます。

 

まとめ・安いマットでも重ね敷きで快適度UP!

荷物を極限まで軽くコンパクトにする必要のないファミリーキャンプでは、1枚何万円もする高いマットじゃなくても大丈夫。

そして安いマットでも重ねて使うことで、一年中使えるようになります。

冬は暖房器具があればさらに快適ですが、それはまた別の記事で...

 

 

Sponsored Link