スポンサーリンク

一見よく見るやつだけど、それより微妙に良いやつ。GUAPO 折りたたみキャンプテーブル

ちょっと前に購入していた商品レビューです。

今回のギアは、コンパクトなアウトドアテーブル。

 

GUAPO おりたたみキャンプテーブル

小さいテーブルって、いくつあっても使いますよね?

作業台としてはもちろん、荷物置きにもなりますし。

安いものから高いものまでピンキリですけど、これは4,000円ぐらい。

中間ぐらいの部類かと。

早速、細部を見ていきましょう。

スペック

  • 組立サイズ 縦40cm × 横56cm × 高さ36cm
  • 収納サイズ 縦13cm × 横44cm × 高さ10cm
  • 耐荷重 (約)40kg
  • 耐熱温度 (約)200度
  • 重量 (約)1750g
  • 材質 アルミニウム合金A6061
  • カラー テーブル本体:シルバー、メッシュポケット:黒色

耐荷重40kgというのが、こういったコンパクトテーブルとしては頑丈です。

 

開封~組み立て

収納サイズ、重量ともになかなか優秀です。

超軽量ではないですが、オートキャンプやバイクツーリングなら気にならないかと。

GUAPOというのはスペイン語で、「イケメン」などの意味で使われるそうな。

グアポ。日本人にはちょっと言いにくいですね。

発音しにくいこの感じ、中華メーカーと思いきや、このGUAPOさん大阪発のブランドです。

 

左から収納ケース、棚用メッシュネット、天板5枚、脚パーツ。

写真には写っていませんが、他に説明書と、手書きの購入お礼カード、屋内で使う時用の滑り止め脚が入っていました。

 

ショックコードで連結された脚を組み立てます。

ヘリノックスのように、勝手にパチパチはまっていきません。

 

ポール断面が完全な円形ではなく、一部に切り欠きがありますので、角度を合わせてはめ込みます。

脚が抜けにくく強度を出すためと、筋交いの角度が正確な位置になるための工夫でしょうね。

 

筋交いです。計4箇所、ビスに引っ掛けるだけ。

これの有り無しで、荷重を天板方向から脚に分散できると。

筋交いはもう2本ありまして、こちらも引掛けるだけ。

 

アルミ天板は、端からパコパコとはめこんでいくだけ。

上に載っているだけではなく、パコンとはまります。

なので風に煽られても、組み立て後に逆さまにしても外れません。

天板そのものも、強度が出るようリブが付けてありますね。

 

メッシュ棚を天板下に付けて、完成です。

テントをポールに吊下げるような、パチっとはまるフックで付きます。

下方向には筋交いがあるので、滑り落ちたりもしません。

 

畳む時は逆の手順。

天板を外して、メッシュを外し、筋交いを外し、脚を抜いて畳む。

 

脚を畳む時だけ、若干慣れが必要な印象です。

脚がコンパクトな棒状にまとまらず、最初はうまく畳むのに時間がかかりました。

2回目からは速かったです。

最初に天板の長手方向のポールを外して畳むと、うまくいきました。

 

ツーバーナーGRIDの台としてピッタリなサイズです。

バーナー側に滑り止めが無いので、滑りますけど。

 

こちらはオプションのランタンハンガー。

1,000円ちょいです。

 

テーブルの角パーツの、どこにでも差し込んで使えます。

フックの角度は好きな方向に回せるんですが、手で回せば回るけど、風で勝手に回ったりはしない絶妙な感じです。

ランタンハンガーに収納袋が付いていますが、テーブルの収納袋にまとめてしまえます。

 

あまり重いランタンなどは無理そうですが、LEDランタンは普通にいけます。

1kg以下なら全く問題ないかと。

 

他のオプション

画像出典:Amazon.co.jp

今回はテーブルとランタンハンガーを1つずつしか購入していませんが、同じテーブルを上下に複数連結可能です。

横方向に橋渡しできる、連結用天板もあります。

熱にも強いので、キャンプでシステムキッチンのような使い方ができそうですね!

 

購入情報&まとめ

Amazonで4,000円ちょっとで購入しました。

同じような形のテーブルがもう少し安く売られてますが、横方向の筋交いがあるものは無いはず。

この筋交いがあることによって、ぐらつきはほぼ無いです。

 

一見よく見る形であっても、細かい工夫がされているコンパクトなテーブル。

日本メーカーが企画したというのが納得です。

Amazonにはテーブル以外にも、パクリ商品や類似商品がいっぱい溢れています。

ただ名前を変えて売るのではなく、このGUAPOのように独自の改良を加えて販売というのは高評価です!

 

 

Sponsored Link