スポンサーリンク

ぼくのほしい さいきょうのテント

テントが欲しい!

何個目かと問われたら、知らんと答えます。

数の問題じゃないんです。欲しいもんは欲しい。

本日は、私が今理想とするテントについてのコラム的な記事です。

 

 

備えていてほしいスペック

モノポール型

 

まず形は、設営撤収が楽なワンポールテントが理想です。

ただし必須要件じゃなく、ドーム型やロッジ型、トンネル型でも設営が楽な構造なら良いです。

1人でも30分以内で建てられる大型テントとなると、ワンポールしかないかなと。

 

 

素材はポリコットン

素材。これはポリコットン、TC素材が良いです。

雨にはあまり強くないですが、ほぼ結露しないので冬場の撤収速度が全然違います。

雨は天気予報である程度覚悟できるので、諦めがつくんですよ。

フルコットンよりポリコットンぐらいが扱いやすくていいですね。

 

 

サイズは420~500ぐらい

広さですが、家族4人で冬にテント内に籠もって快適に過ごすとなると、420~500サイズは欲しいです。

この時点でかなり、選択肢が狭くなってきます。

これより大きいと、区画サイトに張りにくくなってしまいます。

420でも1区画が狭めのキャンプ場では無理ですね。

 

 

煙突ポート有り

テンティピ

そして薪ストーブ用の煙突ポートが天井にあること。

最初のシーズンは煙突上出し、昨シーズンは横出しで使ってるんですけど、強風時のタール発生、煙の逆流が起きにくいのは断然上出しです。

これは両方試したので間違いありません。けっこう違いますよ。

 

 

玄関ポーチ

画像出典:Amazon(ノースイーグル社のビッグフロントワンポール420)

最後の条件、高さのある靴置きスペースがあること。

半土間仕様などにすると、どうしてもスペースに無駄が生じます。

なのでテント居室外に、雨や夜露で濡れずに靴を置けるスペースがあると嬉しいです。

これは靴を絶対濡らしたくないという、うちの奥様の強い要望です。

今のDODタケノコテントにも靴置きスペースが付いていますが、高さが無いので屈んでの出入りになってしまいます。

高さのある玄関ポーチ型だとベストだと言えますね。

 

 

そんなテントあるの?あるよ!

これらの条件を満たすテントが、一つだけあります。

海外幕、ローベンスのカイオワです。

まず見た目がかっこいいですよね!スペック的にも、全く問題ありません。

両側に窓があって、採光もばっちりです。

ただし、お値段は張ります。

お値段は約17万円。個人輸入すれば、関税入れても少し安くなります。

お高いですが、頑張れば決して出せない金額ではないです。

パソコンとかの方が全然高いですし。

 

ただねぇ...国産テントメーカーにもがんばって欲しいんですよ。

ローベンスがダメなわけじゃなく、日本人として国内の経済応援したいんです。

 

国産メーカーの大型テントで煙突ポートがあるのはただひとつ、キャンパルジャパンのピルツ15TCだけです。

 

薪ストーブをラインナップしているメーカーさんも、積極的にテントに入れるようなものは作っていません。

事故の際の製造物責任とか、色々考えたら作りたくないんですかね。

 

ピルツ15はカイオワより一回り小さいのはいいとして、靴置き場が無いんです。

ポールで跳ね上げられるひさしはありますが、雨が横から吹き込むと濡れます。

そこだけ解決できればいいんですけどね。

玄関ポーチをピルツにオプションで作れという意味ではないです。

後付けオプションは風でバサバサいってうるさそうですし。

 

 

なので、国内のテントメーカーさんにメッセージです!

カイオワみたいな実用的でかっこいいテントを作ってください!

  • モノポール(簡単なら他でも可)
  • ポリコットン
  • 420~500サイズぐらい
  • 煙突ポート有り
  • 玄関ポーチあり

私が望む条件はこれだけです。配色は元の素材の色で十分です。

テント屋さんにコネがあればいいんですが、残念ながら無いので。

これ売れると思いますよ~!(少なくとも私には)

名前入れてコラボしろとか生意気言わないので、ご一考お願いします!

もし作っている途中でしたら、私が待ちきれずカイオワを買わないよう「今作っとるわハゲ!」とメッセージください。

カイオワを買い控えて、正座して待ちますんで。

 

 

↓↓↓

Sponsored Link