スポンサーリンク

WILD-1で小物ギアのお買い物

2018-07-14

世間は三連休ですが、我が家は特に遠出の予定はございません。

出かけてもひどい暑さですし、来週末にキャンプに行くので、今週は充電&節約ですね。

 

先日、沼ことWILD-1に行ってきましたよ。

 

 

 

いつもの越谷レイクタウン店です。

ちなみに奥様と行きましたので、あまりゆっくりできず。たった1時間半ぐらいしか滞在できませんでした。

1人なら半日は余裕で居られるんですけどね~。

 

「はよせえ」

「それさっき見た」

「同じやつあるじゃろ」

 

などなど急かされつつですが、買い物もしてきました。

 

 

 

こちらが今回購入したものです。

順番にご紹介していきます。

 

 

 

まずはモンベルのサーモマグ200と、チャムスのキャンパーマグカップです。

サーモマグ200は、昨年のふるさと納税の返礼品で1つもらっていました。

 

 

 

北海道の小清水町オリジナルデザインのやつです。

これと今回買った緑で、子供達の飲み物用にしようかと。

 

 

 

 

 

チャムスのマグカップは、以前から大きいやつを使ってたんですけどね。

 

 

ビッグラウンドキャンパーマグという商品名です。

でかすぎるじゃろ、という話がありまして...

今回奥様用に、小さいキャンパーマグを購入するに至りました。

 

 

 

容量ですが、ビッグラウンドは470ml、キャンパーマグカップは250mlと約半分です。

荷物の省スペース化にもなることを期待。

 

 

お次はスノーピーク商品!

 

 

折り畳みターナーのヤエン ペタ。

取っ手はワイヤー状ので折り畳みができます。ソロ用ですね。

 

 

 

伸ばすとこんな感じに。

そんなに使う局面があるかどうかは、分かりませんが。

私が持っているユニフレームのウェ~ブターナーが、頭がステンレスなのでフライパンにキズが入りそうなんですよね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スノーピーク snow peak 調理器具 ヤエン ペタ CS-251
価格:993円(税込、送料別) (2018/7/14時点)

 

 

いくらスノーピークだからって自慢するような製品じゃないですね。

まだ使っていませんので、レビューはまた後ほど。

 

 

続きましてはキャプテンスタッグ製品。

 

 

ダッチオーブン用ササラです。焦げ付きをこそぎ落とすための竹ですね。

うちのダッチは黒皮鉄板なので、金たわしで擦っちゃってます。

やりやすいかな~と思いましたが、ツイッターでカビやすいという情報を頂きました。

確かに竹ですから、よく乾燥させないと駄目ですし、そもそもあまり長持ちしないでしょうね。

 

 

 

そしてユニフレーム。

 

 

ちびパンのフタ付き2個セットです。

男前グリルプレートを買おうと思っていましたが、使い勝手と汎用性ならこっちかな?と思いまして。

これならフタがあるので餃子なんかも焼けますよ。奥様も家で使えそうです。

 

これもまた、別記事で詳しくレビューします。

 

 

 

購入するなら絶対セットの方がお得です。

単品だとフタが付いてきませんので。

 

 

最後は一番高額なこちら!

 

 

グリップスワニーのグローブです。G-1タイプというアウトドア用モデル。

黄色の方がベーシックで人気あると思いますが、スス汚れが目立た無さそうな黒にしました。

 

耐熱性がある作業手袋は欲しかったんです。

今までメインで使っていた手袋は、MTECHの作業用グローブでした。

 

 

MTECHはフィット感と通気性が良い万能グローブですが、耐熱性はありません。

熱いものを触る際は、Amazonで買った耐熱グローブに付け替えていました。

 

 

ちょっと臭いはありますが、安い割に耐熱性は十分にあります。

薪ストーブや焚き火の時は欠かせません。

 

耐熱性があってある程度細かい作業もできるグローブがあれば、付け替えずに色々できるべや!と思ったんです。

 

 

そこで、「アウトドア 耐熱 グローブ」などの検索ワードで良く見る、グリップスワニー G-1を購入してみました。

公式な説明文より引用。

■G-1(スタンダードタイプ)について
GRIP SWANY(グリップスワニー)ベーシックモデル、アウトドアという過酷な条件下(風、火、雨)の中あらゆる作業に向いています。ハイテク素材ケブラーを縫い糸に使い、革にはステアハイド使用しクロムなめしを施しているため使用していくうちに手の形状に変化します。数あるガンカットグローブのプロトタイプになっています。

革が伸びてフィットするようになるという口コミを信じて、小さめのMサイズで。

縫製糸に丈夫かつ耐火性のあるケブラーを使っており、革が破けるまで修理するよ!という保証もあります。

 

実際にちびパンをシーズニングする時に使ってみたんですが...

普通に熱くて、ちびパンが全く持てません!

耐熱性は皆無に近い、丈夫な革グローブでした。

「キャンプ用の耐熱グローブのおすすめ」みたいな記事でグリップスワニーを挙げているところは、実際に使ってないですね。

 

公式の(風、火、水に強い)というのは、せいぜい火の粉ぐらいの想定なんでしょう。

 

馴染んでくると手にフィットするとかの長所はありますが、MTECHは着けた瞬間からフィットします。

刃物の扱いでミスした際にはさすがに、布のMTECHより革製のグリップスワニーの方が安全性が高そうですね。

革なので所有欲は満たしてくれる商品ですけどね、それだけには高い買い物でした。

 

また設営や薪割りで使ってみて、感想を更新します。

 

 

 

 

後になって気づいたんですが、前回の記事前々回の記事で挙げていた欲しいキャンプギアを1個も買っていませんでした。

おかしいですね、欲しいのは本当なんですけど...

また近いうちにちゃんと購入したいと思います!

 

 

こちらをクリックして頂くと、ブログ村ランキングのINポイントが増えます。
今後も応援のほど、よろしくお願いします!
↓↓↓

 

Sponsored Link