スポンサーリンク

BE-PAL6月号購入!付録はアウトドア財布

BE-PAL6月号を購入しましたよ!

 

付録に釣られたわけでもなく、特集の自転車ライフやレインウェアに興味があったわけでもなく、特に深い理由はありませんw

強いて言うなら、アウトドアが好き...だから?

 

 

付録は財布

今回の付録は、ホグロフスのアウトドア・ウォレット。

私はあまりよく知らないブランドでしたが、スウェーデンのアウトドア用品メーカーで、ウェアやバックパックを作っているようです。

2010年からアシックスの子会社になったようですよ。

 

お財布はグレーのターポリン。防滴で、防水ではありません。

ロゴがマインクラフトのクリーパーを彷彿させます。

前に子供がよくやってました。

曲がり角に隠れていていきなり爆発するような、クリーパーファンにおすすめ。

 

 

財布の裏面。BE-PALロゴと、ウマのマークが。

このウマはひんべぇかな。

 

画像出典:NHKキャラクター

おーい!はに丸、読者の何割が知っているでしょうか。

 

お財布の話に戻ります。

 

以前もホグロフスとBE-PALコラボの財布付録はあったんですが、全開できない仕様でした。

今回は全開できますよ!

やはりこっちの方が使いやすいです。

 

 

ファスナー付き小銭入れもあります。

そんなに大量に入る感じではないです。

 

 

こちらはお札入れ。こちらも大量に入る感じじゃないです。

もちろん大量のお札なんて持ってませんけどね。

レシートなら売るほどあるんですけど。

 

 

カード入れポケットは3つ。

免許証と、クレジットカードと、アパホテルのポイントカードなどで十分ですよね。

いや、保険証も大事ですね。クレジットカードを置いていきましょう。

 

 

止水ファスナーが採用されており、水分には強めです。

ただし端まで閉めるのが難しいので、水没したら濡れます。

BE-PALにもちゃんと書いてありますよ。

 

使い所としては、普段使いには止水ファスナーが固いので開閉が面倒。

キャンプや旅行などの時に、最低限のお金やカードを入れておくのに良いかと思います!

水没は駄目なので、水辺のレジャーだと結局防水パックに入れる必要があります。

そういった意味では中途半端なんですが、多少雨に降られるぐらいなら大丈夫そうなので、使い所次第かと。

財布むき出しでは持たず、バッグやサコッシュ、ポケットなどに入れますよね。

それなら雨から中身を守ってくれる...と推測します。

試していませんので、今度雨が降ったら子供にランニングしてもらいます。

 

 

本の感想

私は今回特集されている自転車よりモーターサイクルが好きなんですけど、面白く見ました。

キャンプ旅に適した自転車、15万円以下の特集など良かったですね。

 

画像出典:モトクロスインターナショナル様

このマングース エンヴォイという荷物がいっぱい積めそうな自転車、86,400円だそうです。

ディスクブレーキとか付いているのに、意外と安いですよね?

タイヤが太くて長距離は疲れそうですが、これに荷物積んで自転車キャンプ旅とか楽しそうですよね!

 

あとは実際に自転車でアウトドアを楽しんでいる方の実例などは、ためになるし面白いです。

前月号のバイクツーリング実例も面白かったですし。

実例に勝るものは無いってことですね!

私自身は、自転車旅をする予定はございません。

疲れるの嫌ですし、東京から出られずに終わりそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BE-PAL (ビーパル) 2019年 06月号 [雑誌]
価格:800円(税込、送料無料) (2019/5/16時点)

楽天で購入

 

 

BE-PAL6月号は800円で好評発売中でございます!

 

 

↓↓↓

Sponsored Link