スポンサーリンク

【追記】防水防塵iPhoneと、ROOT CO.の無骨なスマホケース購入!【ワイヤレス充電NG】

2018-06-06

このブログ記事内の写真は、ほぼiPhoneで撮影しています。

機種はiPhone SEでした。

 

 

ブログに載せる際は、読み込みが速くなるよう解像度を落としています。

別にスマホに不具合などは無いんですが、分割も終わっていたのでそろそろ新しい機種が欲しいな~と。

これから水辺のレジャーもたしなんじゃうので、防水モデルで。

 

 

 

というわけで、iPhone 8を買ってしまいました。

色はなぜか赤。

フロントが黒い方が良かったんですが、スペースグレイが品切れで。

 

アウトドア男としては、防水・防塵は嬉しいポイントです。

CATのごついやつも良かったんですけどね。

 

最初のスマホはアンドロイドでしたが、もう何年も前です。

Apple信者ではありませんが、iPhoneで培ったアプリやサービスを移行するのは手間ですので。

 

iPhone 8は防水・防塵なのでケースは防水じゃなくても大丈夫です。

今回はこれにしました。

 

 

ROOT CO.さんの、耐衝撃ケースです。

読み方はルートカンパニーで良いのかな?

カメラとリンゴロゴの小窓から、スマホ本体の赤が漏れているのが悔やまれます。

 

何でも、GO OUTで紹介されてからアウトドア界隈では人気だとか。

スマホ紛失は今までに経験は無いんですが、落下は何度もあります。

衝撃を少しでも和らげてくれるケースは、必需品ですね。

 

 

 

表面はカバーで覆いきって、赤は見えません。

iPhone SEよりかなり重くなりましたが、手で持った感じは悪くないです。

 

 

 

リンゴマークは窓からちょっとズレますが、仕様です。

iPhone 7だと中心に来るとか。赤が差し色になっていなくて気になるので、この窓は紙でも挟んで潰してもいいですね。

右のバーの部分にカラビナなどを付けられるようになっています。

 

 

 

落下防止のランヤードを付けてみました。

カヤックなどで手を滑らせても、これで紛失することは無いでしょう。

 

 

気になるのはキャンプ写真がどのぐらいキレイになるかですが、これは実際に撮りに行ってみないとですね。

室内でネコを撮っても、違いは分かりませんでした。

iPhone Xだと夜景なども相当キレイに映るようですが、8はどうでしょうね。

 

以下、2018年6月7日追記

あとはこのスマホカバー、マグネットが付くよう金属板が埋め込まれているので、ワイヤレス充電には非対応となっています。

本当にできないのかどうか、ワイヤレス充電器を買ってダメ元で検証しました。

 

 

使った充電器はこちら。コイルが2つあり、信頼性が高い強力なやつです。

 

結論から先に申しますと、公式発表通り駄目でした。

ケースを付けた状態で充電台に置いて、位置や角度を色々試しましたが充電は不可能です。

 

 

もちろん、耐衝撃ケースを外すと充電可能です。

 

 

 

内側にある逆三角型のロゴは、単なるシールです。

剥がしても充電は不可能です。

 

 

 

iPhone背面のリンゴマークの下から5~6cmあたりに渡って、ちょうどワイヤレス充電に必要な位置に金属板が仕込まれていて磁石がくっつきます。

軽く分解しましたが、この金属板を除去するにはケースの破壊覚悟なので諦めました。

内側にシリコン、真ん中に金属板、外側にTPU。これが接着剤で貼り合わされています。

 

Amazonレビューですと、できたという人もいたんですが。

よくよく読むと、その人達はiPhone Xなんですよね。

iPhone 8の場合は、不可能です。

 

デザインは気に入ったんですが、不満なのはこの金属板だけですね。こいつのおかげで重量も増しています。

マグネットホルダーは車載用でしょうけど、運転中にスマホ画面は見えない方が良いので絶対使いません。

コンプライアンス遵守する良い子のフリとかじゃなく、実際過去に脇見で事故を起こしたことがありますので。

(その時見ていたのは、スマホではなく道行くお姉さんです)

私は使っていませんが、WalletやApplePayは金属板のエリア外なので一応使えるようです。

 

というわけで、ワイヤレス充電をしないならオススメですが、そうでなければ別なケースをオススメします!

 

 

↓↓↓

 

Sponsored Link