スポンサーリンク

100均アイテムシリーズ!ボックスコンテナのがたつき改善

2017-05-31

毎度おなじみ100均アイテムシリーズ!

こちらのシリーズの特徴としては、100均商品をそのまま使うのではなく、本来の用途とは違う形で使うことを目標としています。

例えば100均の焼き網。

そのまま焼き網として使ったら普通なので、キッチン水切り棚として使うとか。

 

あとは、「意味の無いことであればしない」ということですね。

100均のスノコを50枚使ってラックを作るとか、金銭的にも強度的にも既製品を買った方がずっと良いですよね。

その観点で行くと、書き溜めていたネタの8割がボツになりますが。

まぁ努力目標というレベルなので、明日にはしれっと100均焼き網で肉焼いている写真を上げるかもしれません。

 

もちを焼く網で肉を焼くのはアリだろうか…?

 

さて本題です。

キャンプ用品のボックス収納、やってますか!?

[amazonjs asin=”B000XBLYVA” locale=”JP” title=”アイリスオーヤマ ボックス RVBOX 600 グレー/ダークグリーン 幅61.5×奥行37.5×高さ33cm”]

こういったボックスコンテナ。我が家でもいくつか使っています。
防水性もあるし、家での収納も、車への積み込みも便利ですよね。
強度もそこそこあるので、キャンプ場での仮テーブル、荷物置きにもなります。

ボックスコンテナについての説明はまた別の機会にやるとして。

 

このコンテナに、クッカーや食器を始めとした道具を入れていたんですが、運ぶ際にガチャガチャ言うんですよ。

特にキャンプからの帰り道です。
行きは自宅で時間をかけてパッキングできますが、帰りはバタバタすることが多いですからね。

燃焼式ランタンなど、衝撃に弱いものが同じコンテナにあると、すごく気になります。
毎回マントルが破損していたら面倒ですし、出費もかさみますね。

 

100均アイテムで改善できないかと考えました。

ジョイントマット

名称はジョイントマット以外に、クッションマットとかパズルマットとか色々ありますが、縁にギザギザがあって隣のマットと連結できるものです。
100円ショップだけではなく、ニトリやドンキホーテ、西松屋、ホームセンターでもよく見ますね。
どこの店でも、おおむね1,000円以下で購入できます。

 

 

ではお待ちかね、使用方法!

 

仕切りとして使うだけ

たったこれだけで、荷物の運搬時にガッチャガチャ言うのが劇的に改善。
両面テープでコンテナの内壁に貼っても良いですね。
マットはハサミやカッターで簡単に切れますので、ボックスにピッタリのサイズの緩衝材となります。

見た目は生活感が溢れてオサレさに欠けますが、フタ付きコンテナなら問題無いですよね。
インスタの写真撮る時は、フタ閉めて完璧な状態にするでしょ?

 

毎回自分が必ず積み込めるなら良いんですが、撤収時などは特に忙しいので家族に任せることもあるのではないでしょうか。
これなら奥様や子供が軽い気持ちで適当に積んでも大丈夫。

「おさら」「なべ」としまう場所にマジックで書いておけば、小さい子供に片付けのお手伝いをさせることも可能。
片付けと同時に教育もできてしまう、神アイテムなのです。

でも…ランタンはやっぱり自分で確実にしまいますけどね。

ボックスに固定しなければキャンプ中は座布団代わりにもなりますし、テントインナーマットと併用して寝心地アップもできる!かもしれませんね。
(これは試していないので想像です)
皆様の1クリックが更新の励みになっております。
↓↓↓

Sponsored Link