スポンサーリンク

キャンプ好きが考える理想のマイホーム

最近バイクの話題が多くて、こいつキャンプ熱が下がっているんじゃないかと思われているかもしれませんが。

長引く緊急事態宣言で、キャンプネタ不足なんですw

こんな時は東京に住んでいることが裏目に出ますね。

新しいキャンプギアもそんなに買えていないんですよ。

そんなに買えていない、ということは細かいものは買っているんですがw

大物とかを買うとすぐキャンプに行きたくなるので、自重していますw

 

さて本日の話題は、家について。

キャンプ好きが考える理想の家についてです!

 

キャンプ好きが高じてくると、自分のキャンプ場やフィールドが欲しいという欲が出てくると思います。

私もかつては考えたことがあります。

廃業するキャンプ場を譲り受けるのが一番ラクで、ゼロから作るのはかなり大変。

キャンプ場に家を建てて住み込み、お客さんを受け入れつつ生活するということですが…気づいたんです。

自分でキャンプするのが好きなのであって、別にキャンプ場を経営したいわけではないことに。

一箇所に限らず、色々な場所に行ってその土地のうまいもの食べて、自然の中でキャンプするのが好きなんです。

もし私が自分の山を買って、毎回そこに通っても数年やれば飽きるだろうなと。

家族(特に奥様)は綺麗なトイレも無いと、まず来ないです。

なのでキャンプはキャンプ。家は家、という考えになりました。

 

理想の家の条件ですが、日当たりが良いとか洗濯物が干せるとか、そういう点はキャンプ好きとは関係ないので割愛します。

 

広い庭がある

理想の家に求める条件。まずは広い庭があると嬉しいですね!

ツールームテントが張れて、焚き火やBBQができれば最高です。

この時点で住宅密集地の都内では無理です。

 

庭だけで10×10mぐらいあれば、キャンプ仕事の撮影もそこですることができます。

車を入れられてテントも張れて、もう区画サイトですよね。

もっと広ければ池や花壇を作ったり、敷地内に小川が流れていれば最強ですが…

そこまでの贅沢は言いませんし、山を買う発想に近づきつつありますね。

 

広いビルトインガレージがある

単なる車庫にとどまらない、家とつながるビルトインガレージ。これはすごく欲しいです!

冷暖房と水道トイレ完備の仕事場兼、趣味の場所です。

 

車とバイクを停めて、いじれるだけのスペース。

もちろん各種工具も。赤いキャビネットに入ったやつです。

リフターまでは要らないのですが、タイヤ交換して保管できるぐらいの広さが欲しいです。

 

キャンプ道具を置ける収納スペース。埃防止に戸が付いていればなお良し。

キャンプから帰ったら、車からすぐ道具を移動させられるのが理想。

道具のメンテやDIYもできるよう、作業机も欲しいですね。

 

ある日の仕事風景

2人ぐらいがPCを置ける仕事スペース。

これは今の仕事を続けるためには必要なんですが、ガレージ内じゃなくても可。

どっちにしてもガレージ全体は事務所扱いになりますね。

 

たまにエアガンの練習ができるシューティングレンジ。

透明な仕切りで囲えれば、BB弾があちこちに行かず安心。

細長い10×1.5mもあれば十分なので、案外簡単にできそうです。

 

仕事用イスを占領するみーこさん

みーこさんが遊べる大型キャットタワー。日当たりがよく、窓から外が見える。

外には鳥の餌台を置いて、野鳥がたまに来るのを見て楽しんでもらいます。

みーこさんが車スペースに来ると危ないので、住居側に設置した方が良さそうです。

 

iLBF店内

三郷のiLBFさんのように、大型ダクトを付ければ中で焚き火もできますね!

車やバイクのスペースとは距離を取らないと危険です。

油脂、ケミカル類も火器厳禁ですからね。

 

この発想が行き着くのは、所さんの世田谷ベースですw

理想ですよね!むしろ庭がなくても、こっちがあれば良いぐらいです。

どうせ広い庭があっても、ちゃんとキャンプしたいならキャンプ場に行くことになりますからね。

 

都心は土地代的に無理なので、ちょっと外れることになるでしょう。

ちょっと調べたら、郊外なら1億あるといけそうな感じです。

…まずは宝くじを買うところから始めますw

 

今のところ考えているのはこの2種です。

読者の方で、こんなんどう?みたいなご意見があれば、参考にしますのでぜひお聞かせください!

 

 

Sponsored Link