スポンサーリンク

キャンプのリラックス時間に最適!KEEN ハウザー スリー スライドのレビュー<PR>

先週末は久々のファミリーキャンプでした。

10月の福島、けっこう冷えましたね~。

KEENの現行モデルシューズを試供いただきましたので、早速キャンプで使ってみましたよ。

 

ハウザー スリー スライド

今回ご紹介するのは、KEEN ハウザー スリー スライドというモデルです。色はオリーブ・ブラック。

キャンパーならつい選びがちな色で、間違いない選択ですよねw

ジャンル的には「クロッグシューズ」になります。

クロッグ、ご存知でしょうか?

クロッグとは

クロッグとは木靴の一種で、木や厚いコルク底に革や布の甲をつけたサンダル状のものや、サボのこと。

~ FASHION PRESS 用語解説より引用

今度はサボという謎の単語が出てきましたが、これはフランス語のようです。

もともと木靴の一種とはいえ、現代では本当に木製のクロッグは店頭であまり見ません。

かかとの後ろ側が無いサンダル形状をしていることによって、クロッグと分類されていると思って良いでしょう。

EVA樹脂製サンダルのクロックスなどが有名ですね。

 

ハウザー スリー スライドのかかとは、少し持ち上がっていてかかとに引っかかる感じです。

履き心地はサンダルよりはホールドし、普通の靴ほどではないという具合。

結果としてサンダルのように意図せず脱げることはなく、普通の靴よりリラックス度が高いです。

 

アッパーにはキザギザのステッチ。

適当に縫ったらこうなっちゃった、というわけではなくもちろんデザインです。

KEENの本国はアメリカですから、職人さんが工場で音楽聴きながらノリノリでギザギザに仕上げている...という可能性もなくはない。

これは筆者の妄想ですが、そうだったらいいなという希望でもあります。

 

インソールは黄色と黒、なかなか派手でおしゃれ。

脱いだ時に差がつく、そんな違いが分かる方にこそおすすめ。

クッション性はそこそこですが、あまり分厚いと重くなりリラックス度も薄れるのでこれでいいです。

 

足を入れるところの拡大図。

フチの部分は柔らかく暖かいマイクロフリース。

上のコードでフィット感をある程度調整できます。

私の足は日本人らしい甲高なので、ほぼ調整いらずでした。

 

履いてみました。普段の靴が27cmで、ハウザー スリー スライドは27.5cmを選択。

普通の靴下を履いた状態でジャストサイズです。

分厚い靴下を履く場合、1cm上げた28cmでも良いかと。

甲のコードで絞ればいいですからね。

 

キャンプ中、これで過ごしてみた結果。気づいた点をどんどん挙げてみます。

  • 履きやすいが、歩行時に脱げやすくはない。十分なホールド感。
  • 手を使わず脱着できるので、両手が塞がった状態でテントと外の出入りが楽。
  • つま先回りに余裕があり、リラックス度が高し。
  • つま先の黒い部分は硬さがあり、多少ぶつかっても痛い思いをしない。
  • 車の運転は問題なくできる。うちはオートマ車なので、マニュアル車だと不明。
  • 滑りそうに見えて、そんなに滑らない。湿った泥の上なども普通に歩けるのは嬉しい誤算。
  • 角張った砂利がゴロゴロしているところだと、足の裏で砂利の存在を感じる。
  • 立ったりしゃがんだり、足に力を入れて踏ん張るテント設営時などはかかとのある普通の靴の方が力が入る。
  • 坂道もかかとのある靴の方が歩きやすい。慣れるかもしれないけど。
  • 暖かい。かかとは冷えがちだけどつま先が暖かいのであまり寒く感じない。
  • 防水ではないので、自分で防水スプレーをかけるべし。

私は割と長い文章でレビューを書きがちですが、今回は箇条書きでまとめてみました。

靴や服はAmazonレビューなどのように、こういう方が読みやすいかなと。

 

特に防火素材などではないので、焚き火の時は火の粉の飛散に気をつけましょう。

ずっと気を張っていることになるより、焚き火は他の靴でした方がよろしいかと。

季節的には春や秋がベストですが、冬もシェルター内でストーブ使って暖を取るなら大丈夫。

 

かかとむき出しでも、けっこうポカポカ暖かくなるんですよね。

気温10℃弱ぐらいでしたが、足元は寒さを感じませんでした。

履き心地も含め、リラックスする時間に最適です。

チルタイムとは言わない。なんか恥ずかしいから。

テント設営とか長時間歩く時は普通の靴で、設営が終わって一服!という時に履き替えるのが一番おすすめです。

夏ならこういう用途はサンダルがベストですが、秋ぐらいからサンダルでは寒いじゃないですか。

 

色もサイズもKEENオンラインストアだと豊富です。

この赤黒チェックも、シャツや帽子なんかとコーディネートしたら絶対いいですよね。

(そう頭では分かっていてもつい黒やオリーブを選びがちなおじさんキャンパー)

男女でデザインがちょっと違いますので、夫婦で完全なペアルックになるのが恥ずかしい方も大丈夫ですよ。

メンズ | ハウザー スリー スライド | KEEN オンラインストア

ウィメンズ | ハウザー スリー スライド | KEEN オンラインストア

 

 

軽量で重ねてしまえば場所も取りません。

キャンプのリラックス時間のお供に、ぜひハウザー スリー スライドを車のシートの下にでも仕込んでおいてください!

 

 

Sponsored Link